このページの本文へ

Endeavor Pro2000

Endeavor Pro2000

2003年03月31日 18時25分更新

文● 月刊アスキー編集部・山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Endeavor Pro2000

エプソンダイレクト

9万5000円~

2002年11月にインテルはワークステーション/サーバ向け製品として、533MHzシステムバス対応のXeonプロセッサ群と3種類のチップセットをリリースした(ニュース記事)。そのチップセットの1つがシングルPentium 4対応の「E7205」である。これに合わせ、エプソンダイレクトでは、最上位の「Endeavor Pro1100」(Intel 850E)を、E7205を搭載の「同 Pro2000」に一新した。

Intel 850Eモデル
Endeavor Pro1100

マザーボード
写真 Endeavor Pro2000に搭載されているE7205マザーボード。メモリスロットは4つあり、デュアルチャネルで使用するには、同容量のメモリモジュールを2枚セットで、同色のスロットに装着する必要がある。

Endeavor Pro1100
エプソンダイレクト「Endeavor Pro-1100」レビュー。写真をクリックすると当該記事へ移動します。
ADVANCE 6000GT
エムシージェイのHT対応Pentium 4搭載デスクトップ「ADVANCE 6000GT」。
 E7205がサポートする3大機能が、

  1. ハイパースレッディング・テクノロジ
  2. デュアルチャネルDDRメモリ
  3. AGP8x

である。現在ハイパースレッディング対応のCPUはPentium 4-3.06GHzだけだが、Pro2000にはもちろん搭載可能。Pentium 4-2.80/2.66/2.53/2.40B/2A/1.80AGHzも選択できる。

 メモリは最大2GBまで実装でき、デュアルチャネルで使うには、同容量のDDR SDRAMを2枚1組みで装着する必要がある。PC2100のメモリをデュアルチャネルで使用したときのメモリ帯域幅は4.2GB/秒となり、533MHzのPentium 4のフロントシステムバスの帯域幅とマッチすることになる。つまり、メモリの転送レートの遅さがボトルネックとならずに、CPUが効率的にパフォーマンスを発揮できるというわけだ。



ベンチマークテスト結果
図1、2 ベンチマークテストの結果。図1は「Sandra 2003 Memory Bandwidth」、図2は「3D Mark 2001 SE」。

 ベンチマークソフト「Sandra 2003」のMemory Bandwidthを使って、メモリ帯域の違いを確認してみた(図1)。シングルチャネル時(2枚のメモリを隣合わないスロットに装着するとシングルチャネルになる)は2.1GB/秒という理論値に近い値が出ているが、デュアルチャネルでは8割程度となり、シングル時の倍の転送速度にはいたっていない。なお、ソーテックの「PC STATION GX4001」で測定した結果も合わせて掲載した。同マシンはIntel 845GEにHT Pentium 4-3.06GHzの構成で、DDR333(2.7GB/秒)のメモリを実装している。

 ビデオに関しては、AGP8x対応のフルサイズのビデオカードが装着可能だ。BTOオプションとしては、AGP8x対応の「RADEON 9700 PRO」があり、そのほか、AGP4xの「Millennium G550 32MB」「GeForce2 MX400 32MB」もラインナップしている。RADEON 9700 PRO搭載時のベンチマークテスト(3D Mark 2001 SEを使用)を図2に示した。劇的な違いではないが、デュアルチャネル時のほうがややシングルチャネル時よりパフォーマンスがアップしている。

 そのほか、オンボードで1000BASE-Tのギガビットイーサネットを搭載、USBポートもUSB 2.0対応の6ポートを備えるなど、Pro2000は最新スペックを装備する非常にパワフルなマシン構成となっている。


 BTOは、最小構成(Pentium 4-1.8A GHz/256MBメモリ/GeForce2 MX400ビデオカード/48倍速CD-ROMドライブ/Windows XP Home Edition)の9万5000円から。最小構成からCPUのみHP Pentium 4-3.06GHzにグレードアップすると15万8000円、今回の評価機の構成では24万1000円となる。

Endeavor Pro2000(評価機)の主なスペック
製品名 Endeavor Pro2000
CPU HT対応Pentium 4-3.06GHz
チップセット Intel E7205
メモリ(最大) PC2100(DDR266)対応DDR SDRAM 512MB(2GB)
ビデオ RADEON 9700 PRO
HDD 120GB(7200rpm)
FDD 内蔵
光ドライブ DVD+RW/+R(DVD+RW2.4倍速/DVD+R2.4倍速/CD-R12倍速/RW10倍速/CD32倍速/DVD8倍速)
スロット AGP×1、PCI×5
ネットワーク 1000BASE-T LAN
I/O USB 2.0×6、シリアル×2、パラレル×1、外部RGB端子、PS/2×2、IEEE1394
ドライブベイ 5インチ×3、3.5×2、HDD用×4
サイズ(W×D×H) 217×503×439mm
重量 約15kg
OS Windows XP Professional
アプリケーション DV編集キット(IEEE1394+Symphomovie)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン