このページの本文へ

マウンテンビュー・データ、『PowerCockpit 2.0』を3月28日に発売─同時に試用版を無償ダウンロード提供

2003年03月27日 16時12分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マウンテンビュー・データ(株)は、サーバ管理ソフト『PowerCockpit 2.0』の日本語版を28日より発売すると発表した。

『PowerCockpit 2.0』『PowerCockpit 2.0』日本語版パッケージ

『PowerCockpit 2.0』は、OSや各アプリケーション、サーバの設定情報を収集、配布する機能や、管理下にある全サーバのハードウェア情報やネットワーク情報を管理、操作する機能を持つソフトウェア。管理対象サーバはLinuxだけでなく、Windows 2000/XPサーバも含まれる。

そのほかのおもな機能は以下のとおり。

  • 収集したサーバのOSやアプリケーションイメージからブータブルCD-ROMを作成する機能
  • 複数のサーバの位置を認識する機能

また、専用のSDKを利用してプラグインモジュールを開発し、機能を拡張することもできる。製品の価格は以下のとおり。

  • 8ノード版……29万8000円
  • 16ノード版……52万8000円
  • 32ノード版……89万6000円

そのほか、大規模システムに対応したライセンスのみのパッケージや、アカデミック価格の製品も提供される。ライセンス版、アカデミック版の価格については、メールまたは電話で個別に回答する。販売は同社直販およびパートナー企業を通じて行なう。

同時に、28日正午より『PowerCockpit 2.0』のオフィシャルWebサイトを開設することが発表された。オフィシャルWebサイトでは、サポート情報や技術情報のなどの提供に加え、『PowerCockpit 2.0 日本語版』の試用版ダウンロード提供が行なわれる予定だ。

カテゴリートップへ

ピックアップ