このページの本文へ

5月発売のPioneer製ポータブルDVD-R/RWドライブ「DVR-SK11B-J」の予約受け付けが早くも開始

2003年03月26日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ポップ
発売予定は5月だが早くも予約受け付けが開始

 先日発売されたポータブルタイプの外付けDVDマルチドライブPanasonic「LF-P567C」に続いて、今度はPioneerから2倍速書き込みに対応したポータブルDVD-R/RWドライブ「DVR-SK11B-J」が登場予定だ。発売予定は5月上旬とまだ先だが、DVD-R/RWドライブでは1番人気のPioneer製だけに注目の製品だ。

 同社サイトによると主な仕様はDVD-R×2/DVD-RW×2/DVD-ROM×8/CD-R×16/CD-RW×8/CD-ROM×24となり、バッファ容量は2MBで、USB2.0/1.1に対応する。製品サイズは138(W)×22(H)×162(D)mmで、重量は490g。付属ソフトは、オーサリングソフト「MyDVD 4」や、編集ソフト「ShowBiz」、DVD/CDライティングソフト「RecordNow DX」、パケットライトソフト「DLA」、DVD再生ソフト「PowerDVD XP」などが付属する。また「MyDVD 4」は6月に「MyDVD Ver.5」への無償バージョンアップを予定しているということでこれによりAC3での音声記録にも対応するという。今回いち早く予約受け付けを開始したTSUKUMOeX.によると「価格はすでに発売されたPanasonic「LF-P567C」と同じ程度(4万4799円)になりそうだ」とのこと。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ