このページの本文へ

これだけ読めば大丈夫 ~ 今週のニュースランキング(3月23日号)『Bフレッツ値下げで定額制接続サービスのシェアは変わるか?』

2003年03月23日 16時20分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

先週に引き続き、1位はテレビCMの放映も開始されたソニー(株)のPentium M搭載ノートパソコン『ソニー、新CPU搭載のバイオノート“バイオノートZ”と“バイオU”を発表』。バイオ関連では従来機種のサポート『ソニー、バイオ向けに“メモリースティックPRO”対応ファームウェアの提供を開始』も5位に登場しており、バイオ人気が反映されたかたちだ。

2位は、加入者光ファイバーを利用した定額制接続サービス“Bフレッツ”の月額利用料と工事費を値下げする『NTT東日本、Bフレッツの月額利用料を4500円に値下げ――工事費も半額に』。ビジネスに利用するなら上り下り対称で高速なFTTHサービスのメリットは大きい。Bフレッツの提供地域も急速に拡大しており、料金の値下げと合わせて、今後シェアをどう伸ばしていくか注目したい。また、回線サービスだけでなく、オフィス向けのネットワーク機器の高速化も着実に進んでおり、インテル(株)は『インテル、GbEコントローラー 『インテル PRO/1000 CT デスクトップ・コネクション』 など3製品を発売――10Gigabit製品も』など、サーバー向けの複数ポートを搭載したGigabit Ethernetカードや、通信速度がさらに10倍の10Gigabit Ethernet製品を発表。Fast EthernetからGigabit Ethernetへの移行は意外に早いかもしれない。

次世代ネットワークプロトコルでは、商用サービスへの移行を前提としたIPv6試験サービス『ソニーとSCN、“コクーン”と“ブロードバンドAVルータ”のIPv6接続実証実験を実施』が開始される。情報家電対応ルーターとコンテンツを含むのが特徴。PHSによる無線通信サービスでは、NTTドコモの定額制サービス『NTTドコモ、PHS定額サービス“@FreeD”を4月1日に開始――月額4880円と年間4万8000円の2プラン』がいよいよ開始される。

セキュリティー関連では、Windowsの脆弱性に対する修正プログラムの提供が開始された。『マイクロソフト、Windowsスクリプトエンジンの修正プログラムの提供を開始――Windows 98からXPまですべてが対象』と、現時点でマイクロソフトがサポートしているすべてのバージョンが対象で、影響も大きいことから注目された。Windowsユーザーは念のために要チェックだろう。

ASCII24 Business Centerランキング(2003年3月17日~3月21日)

ランク 先週 掲載日 タイトル
1 1 03月12日 ソニー、新CPU搭載のバイオノート“バイオノートZ”と“バイオU”を発表
2 - 03月18日 NTT東日本、Bフレッツの月額利用料を4500円に値下げ――工事費も半額に
3 - 03月20日 ディーオン、17インチSXGA液晶ディスプレー『TE171SR』を4万9800円で発売
4 - 03月17日 ソニーとSCN、“コクーン”と“ブロードバンドAVルータ”のIPv6接続実証実験を実施
5 - 03月20日 ソニー、バイオ向けに“メモリースティックPRO”対応ファームウェアの提供を開始
6 - 03月06日 NTTドコモ、PHS定額サービス“@FreeD”を4月1日に開始――月額4880円と年間4万8000円の2プラン
7 - 03月18日 NTT東日本、フレッツ・サービス対応IP電話関連パッケージ“フレッツ&IPフォン”の販売を開始
8 - 03月17日 イーヤマ、ナローベゼルの17インチ液晶ディスプレー『ProLite E430S』を発売
9 - 03月20日 マイクロソフト、Windowsスクリプトエンジンの修正プログラムの提供を開始――Windows 98からXPまですべてが対象
10 - 03月20日 マイクロソフト、Windows Media 9と連携する『Microsoft Plus! Digital Media Edition』を発売

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ