このページの本文へ

Casemallから取っ手つきMicroATX対応アクリルケース!来週にも登場予定!

2003年03月21日 21時06分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ICEMIRA」 レール
「ICEMIRA」サイドのパネルは、このレールに沿って引くと簡単に開けることが可能だ
内部 背面
サイズ150(W)×300(D)×380(H)mmとなり5インチ×1、3.5インチシャドウ×1という構成電源はPentium 4対応のSAN-POWER製200Wを搭載し販売時にはすでに組み立てられている
取っ手 取っ手
ケース上部に取り付けられた取っ手はしっかりしている持ち運びができるように取っ手が取り付けられている

 CasemallからスタイリッシュなMicroATX対応アクリルケース「ICEMIRA」が来週にも登場予定だ。ケース上部には、持ち運びができるように取っ手がついているのが特徴的。同社からはほかにも「ViKi」というやはりMicroATXに対応したアクリルケースが先月発売されている。

 この製品は前面フロントパネルにミラータイプに鏡面仕上げのパネルを、サイドのアクリルパネルはブルーとなっており、フレームには創朋のPCケースフレームキット「Lubic」のように溝がついているものを使用している。サイドのパネルは、この溝に沿って引くと簡単に開けることが可能だ。現時点で、同社サイトにはICEMIRAの製品情報は掲載されていないが、ショップによると「Crystal Mini Caseという製品と仕様は同じようだ」ということだ。サイズ150(W)×300(D)×380(H)mmとなり5インチ×1、3.5インチシャドウ×1という構成。電源はPentium 4対応のSAN-POWER製200Wを搭載し「ViKi」とちがい販売時にはすでに組み立てられているというのもうれしいところ。実際に手に持ってみたところ、ケース上部に取り付けられた取っ手はしっかりしているのがわかった。販売を予定しているのはOVERTOPで、来週月曜日に入荷予定とのことだ。価格は1万9800円。



迷彩パターン 「SOLID WL-Camo」
「某陸軍風の迷彩パターンに塗装した」というATX対応ケース「SOLID WL-Camo」カーキ色で統一されたモデルもあり

 なお、以前紹介したCasemall社製の「某陸軍風の迷彩パターンに塗装した」というATX対応ケース「SOLID WL-Camo」も今日から販売を開始している。サンプル版との違いはケース前面に「SOLID」の白い文字が入ったところで、それ以外の仕様は同じだ。こちらも販売しているのはOVERTOPで、価格は1万9800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ