このページの本文へ

5インチベイに搭載可能な水冷キット「WC-101」がEvercoolから!

2003年03月20日 22時38分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「WC-101」
「WC-101」

 Evercoolから5インチベイに搭載可能な水冷キット「WC-101」が登場した。これまでにも水冷キットは各社からいろいろ発売されている(「Aquarius II」「POSEIDON」など)が、5インチベイに搭載できる製品はおそらく今回がはじめてだ。ちなみに同じく5インチベイに搭載できる変り種PCパーツとしては以前にタオエンタープライズからUPS「安心くん」などが発売されている。



本体 内部
5インチベイに収めるファンコンのように見える本体部分は、アクリルの板に囲まれている内部の銅製ラジエータやポンプ部などが確認できる
仕組み CPUヒートシンク
冷却の仕組みは単純で、本体背面から延びた2本のチューブがCPUヒートシンクへとつながっているというもの6cm角ファンはフロントのスイッチにより4000~4800rpmの間を3段階で変更可能
取りつけ例 パッケージ
今回のWC-101は設置時に邪魔になるのは2本のチューブ程度となるのはうれしいところだろう5インチベイに搭載できる製品はおそらく今回がはじめて

 一見すると5インチベイに収めるファンコンのように見える本体部分は、アクリルの板に囲まれ内部の銅製ラジエータやポンプ部などが確認できる。冷却の仕組みは単純で、本体背面から延びた2本のチューブがCPUヒートシンクへとつながっているというもの。本体のラジエターに装備された8cm角ファンはフロントのスイッチにより2500~3500rpmの間を3段階で変更可能になっている。同じくCPUヒートシンクに搭載されている6cm角ファンもフロントのスイッチにより4000~4800rpmの間を3段階で変更可能だ。フロントパネルにはほかにもスイッチ切り替えによりCPU、水、システムの各温度が表示可能な温度計や水位を表示する窓もついているなど機能は豊富だ。

本体を囲むアクリルの板はサイドに穴があけられているが、それでも5インチベイに収めるため本体の熱がどこに逃げるのかが多少心配といえる。それでも今までに登場した水冷キットは、なんらかの形で新たに設置スペースを使っていたのと違い、今回のWC-101は設置時に邪魔になるのは2本のチューブ程度となるのはうれしいところだろう。価格は高速電脳とCUSTOMともに1万9800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ