このページの本文へ

日立とプーマテック、異種端末でデータの同期が行なえる企業向けグループウェアを共同開発

2003年03月18日 18時51分更新

文● 編集部 高橋洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)日立製作所とプーマテック ジャパン(株)は18日、パソコンやPDA、携帯電話などからデータの同期が行なえる企業向けグループウェアを共同開発することに合意したと発表した。 これを受けて、日立は(株)デジタルガレージと提携してマーケティングプランの検討に入る。

合意の中身は、日立のASP型コラボレーションウェア『BROADNETBOXER』をベースに、プーマテックのデータシンクロナイズ技術“Intellisync”を利用したグループウェアを製品化するというもの。アプリケーションデータの同期をはじめ、モバイル端末からのワークフロー処理など業務効率の向上を主眼とした製品を目指すとしている。BROADNETBOXERの次期バージョンを2003年9月までに開発する予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン