このページの本文へ

エスイー、コミック制作ソフトの上位版『COMICWORKS 1200』を発売

2003年03月18日 17時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エスイー(株)は18日、600種類のトーンを収録したコミック制作ソフト『COMICWORKS 1200』を4月1日に発売すると発表した。価格は1万6800円。

製品パッケージ『COMICWORKS 1200』

『COMICWORKS 1200』は、2002年10月に発表したモノクロコマ割まんが用CGソフト『COMICWORKS 600-SP1』の基本機能を基に、1200dpiの解像度に対応させ、600種類のトーンを追加した上位版。下書き/ペン入れ/定規/ベタ塗り/トール/集中線/画像の取り込み/ホワイト/文字入れなどの基本機能を持ち、100種類の網点/グラデーション、500種類の効果/柄系(点描系/カケアミ系/おどろ系ほか)を利用できるのが特徴。トーンの解像度は300dpi、600dpi、1200dpiに対応する。対応OSは、Windows 98 SE/Me/NT 4.0/2000/XPで、Internet Explorer 4.0以上が必要。

デリータードール『デリータードール』(レディススケルトンタイプ)

なお、初回出荷分は『デリータードール』(レディススケルトンタイプ)を同梱したプレミアパッケージとなる。『デリータードール』は、足の裏のマグネットで、複雑なポーズをとらせても自立できる人形。各関節を自由に動かせるのが特徴で、2200円で販売している製品。

また、『COMICWORKS 600-SP1』の登録ユーザー向けに特別価格で乗り換えパックを提供する。送料/消費税込みで1万1000円となっており、4月15日までに申し込めば9000円となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン