このページの本文へ

ASUSTeK製“GeForce FX”搭載製品がついに入荷!!でも販売は…

2003年03月12日 18時04分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
V9900 Ultra-TD

 先日、アキバではGeForce FX5800搭載のAOpen製「Aeolus FX5800-DV128」の予約受付が始まったが、本日、編集部ではアキバのショップ数店に、GeForce FX搭載カードが入荷しているのを確認した。製品は“GeForce FX5800 Ultra”搭載のASUSTeK製「V9900 Ultra-TD」でマニュアルや付属品なども付いた製品版と思われる。



コネクタ カード裏
コネクタはVGA×1、S-Video×1、DVI-I×1という構成になっている銅製のヒートシンクを使用しているため重量もかなりある
厚み パッケージ
「FX Flow」を採用するため厚みもかなりあるパッケージはかなり大きいがASUSTeK製ではいつものこと
付属品 付属品
付属品

 今回入荷を確認したショップはクレバリー1号店、TSUKUMO eX.、T-ZONE.PC DIY SHOPの3店舗でいずれも現在は展示のみで販売はされていない。ただし実際に中身を見てみると日本語マニュアルをはじめドライバCDやその他付属ソフトなども付くなど製品版と思われるような内容だ。しかしながらショップの話ではメーカー及び代理店から販売の許可がおりてないようで、今のところ残念ながら販売の予定はないという。

 V9900 Ultra-TDの仕様はコアクロック500MHz/メモリクロック1GHzのDDR2 SDRAM128MBを搭載するほかコネクタはVGA×1、S-Video×1、DVI-I×1という構成になっている。形は以前デモで使用されたMSI製「FX5800 Ultra」と似ており、専用冷却システムの「FX Flow」がかなり目立つ。見た目も威圧感のある製品だが、銅製のヒートシンクを使用しているため重量もかなりある。価格はおそらく約6万2000円~6万5000円程度ということだが、肝心の発売日については現在一切わからないということだ。今か今かと発売の待たれるGeForce FX5800搭載製品だが、「ここに来てまた延期した」などという話もきかれ第一弾の製品がどのメーカーになるのかは未だ不明だ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ