このページの本文へ

SCSI接続のマルチドライブ「JP-D501FB」が登場!

2003年03月01日 22時20分更新

文● HINOMOTO

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「JP-D501FB 」 SCSI変換用の基板
「JP-D501FB」IDEインターフェイス部にACARD製のSCSI変換用の基板を装着することで対応している
Panasonic製 パッケージ
ドライブにはPanasonic製「SW-9571-CYY」を採用DVD-Rライティングソフトウェアとして「Record Now DX4」となぜか「レンズクリーナー」も付属する

 日本パーソナルコンピュータから、SCSI接続の内蔵型マルチドライブとしてはおそらく初めて となる「JP-D501FB 」が発売された。

 ドライブにはPanasonic製「SW-9571-CYY」を採用しているのだが、この製品はもともとIDE接続のドライブで、IDEインターフェイス部にACARD製のSCSI変換用の基板を装着することで対応しているようだ。なお、SCSIの転送モードはUltra-SCSIとなっている。基本スペックは、書込み、書換え速度がDVD-R×2/DVD-RW×1/DVD-RAM×2/CD-R×12/CD-RW×8、読込み速度はDVD-ROM×12/DVD-R・RW×8/CD-ROM×32、バッファサイズは2MBとなっている。またDVD-Rライティングソフトウェアとして「Record Now DX4」となぜか「レンズクリーナー」も付属する。価格はクレバリー1号店で4万2800円で販売中。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ