このページの本文へ

“SiS746FX”搭載のマザー「746F Ultra-L」がMSIから!PC3200に正式対応!

2003年02月27日 21時11分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「746F Ultra-L」
「746F Ultra-L」

 MSIから“SiS746FX”を搭載する初のマザーボード「746F Ultra-L」が登場した。同チップの下位モデルにあたる“SiS746”搭載のECS「L7S7A2」が先月出たばかりだが、早くも後継チップセットが登場したことになる。



South Bridge
South Bridgeは“SiS746”と同様の“SiS963L”という組み合わせの2チップ構成になっている
SiS746FX
“SiS746FX”は既に発売されている“SiS746”のFSB333MHz対応版とも言うべき製品

 “SiS746FX”は既に発売されている“SiS746”のFSB333MHz対応版とも言うべき製品で、South Bridgeは“SiS746”と同様の“SiS963L”という組み合わせの2チップ構成になっている。両チップ間は同社の高速バス接続技術である“MuTIOL”で接続され1GB/secの帯域幅を実現しているとされるほか、対応メモリがPC3200(DDR400)になりAGP8Xに対応している。



DDR400対応 Barton対応
メモリはPC3200(DDR400)に対応し3GBまで搭載可能パッケージには“Barton対応”の文字も見える

 746F Ultra-Lの主な仕様は拡張スロットがAGP×1、PCI×5、3GBまで搭載可能なDIMM×3という構成。オンボードインターフェイスはRealTek製“ALC650”によるサウンド機能と同じくRealTek製“8201BL”による10/100Baseイーサネット機能となっている。その他マニュアルによるとオーバークロック機能の方はFSBが100~200MHzを1MHz刻み、メモリ電圧が2.5~2.8Vを0.1V刻みという記述も見られる。“SiS746”搭載のL7S7A2は独自にFSB333/PC3200(DDR400)をサポートしていたが、今回の製品は正式に対応したもので、パッケージには“Barton対応”の文字も見える。また同チップ搭載の製品は価格が安いのも特徴のひとつで、今回入荷しているOVERTOPで1万580円、アークで1万800円と最新の機能対応のマザーボードとしてはかなりリーズナブルだ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ