このページの本文へ

Albatronから“GeForce4 Ti4200 with AGP8X”搭載のDual D-Sub仕様が発売

2003年02月26日 21時48分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Ti4280TDP
「Ti4280TDP(128MB)」

 Albatronから“GeForce4 Ti4200 with AGP8X”搭載ビデオカード「Ti4280TDP(128MB)」と「Ti4280TD(64MB)」が発売された。また同時に“GeForce4 MX440SE”を搭載のPCI版「MX440I(64MB)」も発売されている。



D-Sub15ピン×2
インターフェイスがどちらもTV-OutとD-Sub15ピン×2という構成になっているのが特徴
パッケージ PCI
「Ti4280TDP(128MB)」と「Ti4280TD(64MB)」“GeForce4 MX440SE”搭載のPCI版「MX440I(64MB)」

 “GeForce4 Ti4200 with AGP8X”を搭載するビデオカードは今となっては珍しくないが、今回の製品はインターフェイスがどちらもTV-OutとD-Sub15ピン×2という構成になっているのが特徴だ。同社の“GeForce4 4600-8X”製品はメモリにもヒートシンクを搭載するが、こちらは基板もシンプルなものとなっている。価格は「Ti4280TDP(128MB)」がスーパーコムとコムサテライト3号店で2万980円、TSUKUMO eX.で2万1979円となり「Ti4280TD(64MB)」がスーパーコムとコムサテライト3号店で1万7980円、TSUKUMO eX.で1万8979円となっている。また同時に発売されている「MX440I(64MB)」はコムサテライト3号店で8200円、スーパーコムで8300円、TSUKUMO eX.で8799円で販売中。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ