このページの本文へ

NEC、A4カラーインクジェット複合機『ピクティ500』を発売

2003年02月26日 14時19分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)とNECカスタマックス(株)は26日、プリンター/コピー/スキャナーの機能を搭載した複合機『PICTY500(ピクティ500)』(PR-M500)の販売を同日付けで開始すると発表した。出荷開始は3月中旬。価格はオープン。オンラインショップ“121@store”でも販売する。

『ピクティ500』
『ピクティ500』

『ピクティ500』は、本体の側面と背面に平面的なデザインや、本体前面から給紙と排紙を行なう“フロントイン・フロントアウト方式”、スキャン部分にCIS(Contact Image Sensor)方式を採用したことで専有面積を小さくしたのが特徴。本体前面にはコピーやスキャンの開始、開始した処理の中止、コピー時の用紙選択などの機能を割り当てた8つのボタンが用意され、ワンタッチで実行できるようになっている。印刷解像度は最大4800×1200dpiで、インクの粒子は4pl(ピコリットル)。印刷速度はモノクロで毎分12枚、カラーで毎分10枚。用紙ははがきからA4サイズまで対応する。独自の機能として、モノクロ/カラーカートリッジの一方のインクが切れた場合に、もう一方のカートリッジで簡易印刷が行なえる“リザーブモード機能”が用意されている。

スキャン機能は、光学解像度が600×2400dpiで、階調は、入力がRGB各色12bit、出力が各色8bit。コピー機能は、電源が入っていれば約2秒で開始できる“高速ウォームアップ機能”を搭載し、本体のみで9枚の連続コピーが可能で、パソコンを利用すれば50枚までの連続コピーと50~400%の縮小/拡大が可能。

インターフェースはUSB 2.0(Full Speed)を採用する。対応OSはwindows 98/Me/2000/XPで、最大でA4サイズの16倍(縦4枚×横4枚)の大判ポスターを作成できる“ポスター印刷”機能や、画像を電子メールに添付する機能を搭載した画像管理統合ソフト『NECディレクター』が付属する。電源はAC100Vで、消費電力は最大75W(スタンバイ時約4W)。本体サイズは幅426×奥行き259×高さ170mm、重量は4.31kg。トレイを開いた場合の奥行きは357mmとなる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン