このページの本文へ

日本IBM、IAサーバー『IBM eServer xSeries』の新製品を発売

2003年02月25日 17時56分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本アイ・ビー・エム(株)は25日、IAサーバー『IBM eServer xSeries』製品のラインナップを刷新、『xSeries 440』2モデル、『xSeries 345』2モデル、『xSeries 305』1モデル、『xSeries 235』3モデルを3月14日より順次発売すると発表した。

345
IAサーバー『IBM eServer xSeries 345』

『xSeries 440』は、SMP(対称型マルチプロセッサー)構成で、最大16-Wayまでプロセッサーを拡張できるラック格納型サーバーの最上位モデル。今回発表された『同 8687-7VX』は、高さ4Uのラック格納型で、CPUにXeon MP-2GHz×4基(最大構成8基)を採用し、4GBのメモリーを搭載する。3月26日発売で、価格は2480万円。また、『同 8687-78X』はWindows 2000 Datacenter Server用モデルで、3月26日発売、価格は2410万円。

『xSeries 345』は、高さ2Uのラック格納型で、デュアルGigabit Ethernetをサポートしたサーバー。『同 8670-6AJ』は、CPUにXeon-2.8GHz(最大構成2基)を採用し、512MBのメモリーと109.2GBのHDDを搭載する。3月24日発売で、価格は88万8000円。また『同 8670-6GJ』は、CPUにXeon-2.8GHz×2基を採用しており、3月24日発売で価格は99万8000円。

『xSeries 305』は、ネットワークサーバーや社内部門用のファイルサーバー、プリントサーバー向けで、高さ1Uの薄型エントリーモデル。『同 8673-42X』は、CPUにPentium 4-2.40GHzを採用し、256MBのメモリーと240GBのHDDを搭載する。3月14日発売で、価格は33万円。

『xSeries 235』は、2-WayのSMP構成にできるタワー型ネットワークサーバー。『同 8671-7AJ』は、CPUにXeon-2.80GHz(最大構成2基)を採用し、512MBのメモリーと36.4GBのHDD×3を搭載する。3月24日発売で価格は92万円。『同 8671-7GJ』はWindows 2000 Server同梱モデルで、3月24日発売、価格は103万円。両モデルともオプションとしてラック型も用意されている。『同 8671-7RJ』は、5Uのラック型モデルで、3月24日発売、価格は64万5000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン