このページの本文へ

日本HPとマイクロソフト、Itanium 2搭載サーバーとWindows Server 2003、64bitアプリケーションの共同検証を開始

2003年02月24日 22時34分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカード(株)とマイクロソフト(株)は24日、Itanium 2に対応した64bit版サーバーOS“Microsoft Windows Server 2003 ファミリ日本語版”(以下Windows Server 2003)、リレーショナルデータベース管理&分析システム『Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition(64-bit)』(以下SQL Server 2000)、SCM(Supply Chain Management)アプリケーション『SAP アドバンスト・プランナー・アンド・オプティマイザ』(以下SAP APO)の動作、パフォーマンス、クラスター環境での障害復旧処理の検証を開始すると発表した。

今回発表の共同検証は、日本HPのItanium 2搭載サーバー『hp server rx5670』やストレージ製品『hp StorageWorks virtual array 7410』などの機器と、マイクロソフトのWindows Server 2003、SQL Server 2000を使用し、顧客の基幹業務や大規模システムへの64bitシステムの利用を促進するために行なわれる。Microsoft Cluster Servicesの利用やバックアップなど、高可用性を実現する製品や機能についても検証する。実際のシステムの提案や構築に必要な情報を取得し、64bitシステムの導入・移行の指針を示すことができるという。同検証は“マイクロソフト調布技術センター”において、4月末まで行なう予定。

5月以降は、同検証で取得した最適な構成・設定などの情報を基に、同システムの性能を活用できるSCM分野のパフォーマンス検証をSAPジャパン(株)のSAP APOを使用して行なう。同パフォーマンス検証の結果に基づいたSAP APOの提案・導入に関する共同マーケティングも実施する。

なお日本HPとマイクロソフトは、今回のSCM分野での検証を皮切りに、大規模データベースアプリケーションをはじめエンタープライズ業務やサービスプロバイダーの使用するミッドレンジ以上の領域にも対象を広げて行く予定としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン