このページの本文へ

クラスキャット、オンラインショップ構築ソフト『Personal WebShop II シリーズ』を発表

2003年02月21日 17時02分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)クラスキャットは、オンラインショップ構築ソフト『Personal WebShop II シリーズ』を2003年第2四半期より出荷することを発表した。

『Personal WebShop II シリーズ』は、2001年7月に発売された、Javaによるオンラインショップ構築ソフト『Dynamic Personal WebShop 1.2 Intro』のバージョンアップ版として位置づけられる。新バージョンは、オンラインショップの利用者管理に会員制を採用し、購買履歴管理やコンタクト管理などのCRM機能が追加された。また、オープンソースのSOAPエンジン“Axis”によるXML Webサービスなどをサポートしている。

Java版の動作環境は以下のようになる。

  • 対応ディストリビューション……Red Hat Linux 7.x/8.0
  • 対応アプリケーションサーバ……Tomcat 4.1.x
  • データベース……PostgreSQL 7.x

価格はオープンプライスで、クラスキャットのビジネスパートナを通じて販売する。

また、このバージョンでは新たにPerlで実装したバージョンも提供される。Perl版はデータセンター事業者やxSP事業者を対象に、要望に応じた機能追加などが可能な“カスタマイザブル・パッケージ”として販売されるという。

カテゴリートップへ

ピックアップ