このページの本文へ

メルコ、DVD±Rの4倍速書き込みに対応した外付け型DVD±RWドライブ『DVM-4242IU2』など3製品を発売

2003年02月19日 21時12分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)メルコは19日、"BUFFALO"ブランドの新製品として、DVD±Rの4倍速書き込みに対応した外付け型DVD±RWドライブ『DVM-4242IU2』と内蔵型の『DVM-4242FB』、10/100BASE-TX×5ポートのスイッチングHub『LSW10/100-5NWP』の3製品を発売すると発表した。価格は『DVM-4242IU2』が4万4500円、『DVM-4242FB』が3万3800円、『LSW10/100-5NWP』が3600円。2月下旬から順次出荷する。

『DVM-4242IU2』
『DVM-4242IU2』

『DVM-4242IU2』は、DVD±Rの書き込みが4倍速、DVD-RWの書き換えが2倍速、DVD+RW書き換えが2.4倍速、CD-R書き込みが24倍速、CD-RW書き換えが10倍速、DVD-ROM読み出しが8倍速、CD-ROM読み出しが32倍速のDVD±RWドライブ。4倍速に対応したことで、DVD±Rへの書き込みが約15程度で行なえるようになったのが特徴。インターフェースはIEEE1394とUSB 2.0を装備する。ソニー(株)製のドライブユニット『DW-U12A』を採用する。電源はAC100Vで、消費電力は最大25W。パソコンの電源に連動してドライブの電源をON/OFFできる“PC連動AUTO電源機能”を搭載する。本体サイズは幅165×奥行き303×高さ55mm、重量は約1.8kg。フロントシャッター機構を装備する。

対応機種はPC/AT互換機、PC98-NXで、Pentium III-450MHz以上、128MB以上のメモリーが必要。対応OSはWindows XP/Me/2000/98 SE/98(98はUSBのみ)。アプリケーションとして、米アークソフト社のビデオ編集ソフト『ShowBiz』、米ソニック・ソルーションズ社のDVDオーサリングソフト『MyDVD』、DVDプレーヤー『CinePlayer』、(株)ビー・エイチ・エーのライティングソフト『B's Recorder GOLD5 BASIC』、パケットライトソフト『B's CLiP5』が付属する。2月下旬出荷予定。

『DVM-4242FB』
『DVM-4242FB』

『DVM-4242FB』は、内蔵型のDVD±RWドライブで、『DVM-4242IU2』と同じソニー製のドライブユニットを搭載する。書き込み速度や付属するアプリケーションも変わらない。インターフェースはATAPIで、消費電力は最大22W(平均17W)。本体サイズは幅148×奥行き197.7×高さ42.3mm、重量は約1.1kg。対応機種はPC/AT互換機、PC98-NXで、5インチファイルベイを装備する機種。対応OSはWindows XP/Me/2000/98 SE/98。3月上旬出荷予定。

『LSW10/100-5NWP』
『LSW10/100-5NWP』

『LSW10/100-5NWP』は、10/100BASE-TX×5ポートのスイッチングHub。全ポートがAuto MDI/MDI-X、全二重/半二重、オートネゴシエーションに対応する。802.3x/フローコントロール/バックプレッシャーにも対応する。本体サイズは幅161×奥行き100×高さ30mmで、プラスチック筐体を採用しており、重量は250g。スチールデスクなどに固定するためのマグネットも装備する。電源はAC100V。消費電力は最大4.5W。3月上旬出荷予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン