このページの本文へ

日本HP、CIS方式のスキャナーを内蔵したコンパクト複合プリンターを発売

2003年02月26日 13時01分更新

文● 編集部 栗山博行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカード(株)は26日、スキャナー部のセンサーにCIS方式を採用することで小型化を図ったA4複合プリンター『hp psc 1210』を3月12日から販売すると発表した。価格はオープンプライスだが、編集部による推定小売価格は2万円前後。

hp psc 1210
『hp psc 1210』

hp psc 1210は、プリンター/スキャナー/コピー機能を一体にしたプリンター複合機。プリンター部の仕様は、最高印刷解像度は4800×1200dpiでインクドットは4pl(ピコリットル)、4色カラー印刷に対応する。最大印刷速度は毎分12枚(モノクロ)/毎分10枚(カラー)。対応する用紙サイズは、A4、B5、封筒、ハガキ。給紙トレーには、最大で普通紙100枚をセットできる。

スキャナー部の仕様は、光学解像度が600dpi、RGB各色を12bitで入力し8bitで出力する。コピーの印刷速度は毎分12枚(モノクロ)/毎分10枚(カラー)。コピー機能では、最大50枚までの連続印刷(パソコン使用時。単体では9枚まで)のほか、50~400%までの縮小拡大印刷にも対応する。スキャンおよびコピー機能は、パソコンを介さずに単体でも利用が可能。

インターフェースはUSB 2.0(Full Speedモード)。対応OSは、Windows 98/Me/2000/XP、Mac OS 9.1以降、Mac OS X 10.1以降。本体サイズは幅426×奥行き357×高さ170mm(トレー開放時)、重さは約4.31kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン