このページの本文へ

ネオジャパン、ウェブグループウェア『desknet's』をSharePoint Portal Serveのウェブパーツとして提供

2003年02月12日 17時43分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ネオジャパンは12日、ウェブグループウェア『desknet's(デスクネッツ)』の機能をウェブパーツとして、マイクロソフトの企業ポータルサーバー『Microsoft SharePoint Portal Server 2001』に対応させ、3月1日に提供を開始すると発表した。これは、同社のdesknet'sの21の機能をウェブパーツとして提供するもの。

サンプル画面
スケジュール/伝言/回覧版を組み込んだサンプル画面例(赤枠で囲んだ部分がdesknet'sの機能群)

対応製品は、『desknet's Srandard Edition』と『desknet's Enterprise Edition SQL Server2000版』で、Standard Editionではウェブパーツを無償で提供し、Enterprise Editionでは有償で提供する。同社のホームページとマイクロソフトの“Web パーツ ギャラリー”で公開するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン