このページの本文へ

松下電器、デジタルカメラ向けニッケル水素充電池“メタハイ2100シリーズ”を発売

2003年02月10日 14時31分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)は10日、単3形ニッケル水素電池の新製品として、大電流放電性能や低温放電性能を向上させたデジタルカメラ向け“メタハイ2100シリーズ”2製品を4月1日に発売すると発表した。価格は4本入り『HHR-3PPS/4B』が1940円、2本入り『HHR-3PPS/2B』が1080円。同時にミニ急速充電器と電池2本をセットにした『ニッケル水素電池2本付ミニ急速充電器セット』(K-KJP3PB)を発売する。価格はオープン。

電池と充電器セット
“メタハイ2100シリーズ”(左)と充電器セット(右)

“メタハイ2100シリーズ”『HHR-3PPS』は、正極活物質の改良と電解液の最適化などにより、容量を従来製品から約5%増の2000mAh(min)/2100mAh(typ)にしたほか、デジタルカメラの高速連写や外付けストロボを利用した連写に対応できるように高出力化したのが特徴。低温特性も良く、マイナス10度の環境でも利用できるという。公称電圧は1.2Vで、約500回の充放電が行なえる。サイズは直径が14.5mmで、長さが50.0mm、重量は約29g。生産規模は月産120万セル。

『ニッケル水素電池2本付ミニ急速充電器セット』(K-KJP3PB)は、2本用の急速充電器とニッケル水素電池2本のセット。充電時間はHHR-3PPS(1本または2本)で約100分。オリジナルマイコンを搭載し、1本単位の充電制御を行なうのが特徴。電源はAC100V~240Vに対応しており、別売のプラグアダプターを利用すれば海外でも利用できる。また、ACプラグは180度可動できるようになっている(従来製品は90度まで)。本体サイズは幅65×奥行き26.5×高さ88mm、重量は約85g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン