このページの本文へ

ソニー製DVD-RW/+RW両対応ドライブがDVD+R4倍に対応して再登場!

2003年02月08日 23時03分更新

文● HINOMOTO

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
DRU-500AX
DVD+Rへの書き込み速度が4倍に変更された「DRU-500AX」

 ソニーから、DVD-RW/+RW両対応ドライブの「DRU-500AX」が発売された。同社からはすでにDVD-RW/+RW両対応ドライブの「DRU-500A」が発売されているが、今回DRU-500AXにバージョンアップされたことで、DVD+R書き込み4倍速に対応することになった。



ベゼル
外観にも変更点は見当たらない
型番
既存のモデルであるDRU-500Aの生産は既に終了しており、順次DRU-500AXに切り替わっていくとのこと

 主なスペックは書き込み速度がDVD+R×4/DVD-R×4/CD-R×24、書き換え速度がDVD+RW×2.4/DVD-RW×2/CD-RW×10、読み込み速度がDVD×8/CD×32。搭載バッファメモリは8MBで、DRU-500Aから変更されていない。付属ソフトには、オーサリング用「SONIC MyDVD」、DVD-Videoプレーヤの「PowerDVD」の他、書き込み、バックアップ関連ソフトにVERITAS社製品の「RecordNow DX」「DLA」「SimpleBackup」、ビデオ編集用「ShowBiz」など、充実した内容になっている。なおショップによると「既存のモデルであるDRU-500Aの生産は既に終了しており、順次DRU-500AXに切り替わっていくだろう」とのこと。価格もDRU-500Aと変化はなく、TSUKUMO eX.で3万9799円のほかBLESS、クレバリー1号店、T-ZONE.AKIBA PLACE、T-ZONE.PC DIY SHOPで3万9800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ