このページの本文へ

BHA、Mac OS X対応のCD/DVDライティングソフト『B's Recorder GOLD X』を発売

2003年02月06日 16時31分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ビー・エイチ・エーは6日、Mac OS Xのネイティブ環境で動作が可能なCD/DVDライティングソフト『B's Recorder GOLD X(テン)』の店頭販売を21日に開始すると発表した。価格は1万4800円。対応OSはMac OS 9.2以降(Apple CD/DVD Driver Ver1.4.7以降)、Mac OS X 10.1以降。

製品パッケージ
『B's Recorder GOLD X』

『B's Recorder GOLD X』は、ユーザーインターフェースをMac OS X向けに一新したほか、Finderに常駐することでアプリケーションを起動せずにデータやフォルダーのCD/DVDへの書き込み、音楽CDの作成が可能となるシェル機能“B's Gate”や、CD/DVDへの書き込み中にほかの作業を実行できる機能“バックグラウンドライティング”、AIFFファイルへの波形編集機能や各種エフェクト機能による音楽CDの作成が可能な“サウンド編集”機能を新たに搭載する。音楽CDからAIFF/MP3ファイルへ変換する機能“リッピング”なども搭載し、MP3エンコードエンジンにはドイツのFraunhofer Gesellschaft社の“Fraunhofer IIS”の最新版を採用する。さらにCD/DVDのバックアップ(コピー)機能“DISC DUP”やDVDメディアへのデータ書き込み機能、DVDビデオの作成機能(オーサリングツールは付属しない)なども搭載する。データ書き込みが可能なDVDメディアはDVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW。

(株)クイーリーのビデオCD作成ソフト『Video CD Maker Personal for BHA』と、米ArcSoft(アークソフト)社の静止画編集ソフト『Photo Impression Ver.4 for Macintosh』が付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン