このページの本文へ

ASUSTeK初の“E7505”チップセット搭載マザーボード「PP-DLW」が登場

2003年02月01日 22時51分更新

文● HINOMOTO

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PP-DLW Gigabit
「PP-DLW」Gigabit EthernetコントローラにIntel“RC82540EM”を採用
クーラ 拡張スロット
標準でXeon用のCPUクーラが2つ付属拡張スロットは、 8X対応AGP×1の他、32bit/33MHz PCI×1、64bit 66MHz PCI-X×3、64bit 133MHz PCI-X×1という 構成
パッケージ

 ASUSTeKから、同社では初めてとなる“E7505”チップセット搭載Xeon用マザーボード「PP-DLW」が発売された。SCSIコントローラやRAIDコントローラは搭載しておらず、Xeon用マザーボードとしては比較的シンプルな仕様になっている。

 PP-DLWには、標準でXeon用のCPUクーラが2つ付属してくる。このクーラはヒートシンクを横からファンで冷却するタイプのもの。しかし、クーラにはXeon 2.6GHzまでしかサポートしないという旨の「For Intel Xeon Processor upto 2.6GHz」というプリントが見られる。現在すでにXeonは2.8GHzまでがリリースされおり、このPP-DLW自体も2.8GHzをサポートするという記述が同社サイトなどで確認できるわけだが、実際にこのクーラをXeon 2.8GHzで使用した場合サポート対象になるのかどうかは不明だ。

 主なスペックは、オンボードのGigabit EthernetコントローラにIntel“RC82540EM”、サウンド機能では“AC'97”オーディオコーデックを採用している。メモリスロットは4本で、対応メモリはPC1600/PC2100 DDR SDRAMで、RegisteredとUnbufferedの両方をサポート、最大登載容量は1スロットにつき2GB、合計最大で8GBまでとなっている。拡張スロットは、8X対応AGP×1の他、32bit/33MHz PCI×1、64bit 66MHz PCI-X×3、64bit 133MHz PCI-X×1という構成となっている。価格はUSER'S SIDEで7万6800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ