このページの本文へ

PC内蔵タイプの切り替え機が登場!

2003年01月28日 21時15分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パッケージ 本体はシンプル

 PC内蔵型というユニークなPC切り替え機「KVM Switch Card(型番:BKV-M21P)」が登場した。拡張スロットのブラケット部を利用して取り付けるというスタイルで、基板自体は意外なほどコンパクトなものだ。



ケーブルその1 ケーブルその2
中央の大きなコネクタに使用するマウス/キーボード/モニタを接続、右に分かれているコネクタ群に1台目のPCを接続2台目のPCはこちらのケーブルで接続
マニュアルよりその1 マニュアルよりその2
マニュアルより接続図マニュアルよりホットキー操作法

 ブラケット部には15ピンと25ピンのコネクタが出ており、それぞれのコネクタからPCに接続するための専用ケーブル2本が付属している。25ピン側のケーブルは大きく二股に分かれ、一方は切り替え機を内蔵した1台目のPCに接続、もう一方を使用するマウス/キーボード/モニタに接続する。そして15ピン側のケーブルで2台目のPCを接続するという仕組みだ。
 本体にはスイッチの類は一切なく、PC切り替え操作およびモード切替えは「Scroll Lock」キー、「Esc」キーなどを組み合わせたホットキーのみで行う。価格はコムサテライト3号店で4980円と意外に低価格となっている。

【関連記事】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ