このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ソニー、CLIEの新製品を発表――最上位モデルと新カジュアルモデル

2003年01月27日 15時09分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

『PEG-SJ33』は、既存製品『PEG-SJ30』の後継機種で、よりカジュアル感を強調したモデル。新社会人や学生、若い女性を意識したデザインとなっており、全面にプラスチック素材を採用、ミラーコーティングを施した半透明のハードカバーが付属する。本体カラーは“ルーセントブラック”、“フレームオレンジ”、“アズールブルー”の3色が用意されている。

SJ33-1本体にハードカバーが付いた新カジュアルモデル『PEG-SJ33』。ハードカバーは半透明のため、カバーをしていても画面が見えるようになっている。写真はルーセントブラックモデル
SJ33-2カバーを開いたときの様子

また、CLIEで音楽を聴くという利用方法を考慮し、音楽再生ソフト『Audio Player ver.2.2』を搭載する。ハードカバーが半透明でCLIE画面がカバーを閉じていても見えることから、再生時のスキンの種類を従来バージョンより増やし、気分に合わせてさまざまなスキンを選べるようになっている。

OSはPalm OS 4.1。CPUにDragonBall VZ-66MHzを採用し、メモリーはDRAMを16MB(ユーザー使用可能領域15MB)/ROMを8MB搭載する。320×320ドットで6万5536色表示のバックライト付き半透過型TFTカラー液晶ディスプレーを装備し、インターフェースはUSB、マジックゲート対応メモリースティックスロット、赤外線(IrDA)。ジョグダイヤルとバックボタン、モノラルスピーカーも備えている。

電源はリチウムイオンポリマー充電池(内蔵)で、使用可能時間は1日約30分間PIMアプリケーションを利用した場合で約17日間。本体サイズは幅72.5×奥行き22×高さ107.8mm、重量は172g。ボリュームコントローラー付きステレオヘッドホンが付属する。

『PEG-SJ33』の発売日は、ルーセントブラックモデルが2月8日、フレームオレンジモデルとアズールブルーモデルが2月22日。価格はオープンプライスで、予想小売価格はいずれも3万円弱。

また同社は、CLIE用アクセサリーとしてキャリングポーチ『PEGA-CP20』、キャリングケース『PEGA-CA32』、ハードカバー『PEGA-CV33』を発売する。

『PEGA-CP20』はポケット付きのキャリングポーチで、CLIEのPEG-T/SJシリーズ用。カラーはダークグレー/オレンジ/牛柄の3色。なお、オレンジモデルと牛柄モデルは、ソニーマーケティング(株)が運営するECサイト“ソニースタイル”のみで販売される。2月8日発売で、予想小売価格は3000円弱。

ポーチキャリングポーチ『PEGA-CP20』。写真はダークグレーモデル

『PEGA-CA32』は、PEG-SJシリーズ用のキャリングケースで、CLIEをケースにつけたままクレードルで充電できる。カラーはブラック/シルバー/ブラウンの3色で、それぞれに同色のストラップが付属する。なお、シルバーモデルとブラウンモデルはソニースタイルのみでの販売となる。2月8日発売で、予想小売価格は4000円弱。

ケース
キャリングケース『PEGA-CA32』

『PEGA-CV33』は、PEG-SJ33用の着せ替えカバー。カラーはブラック/オレンジ/ブルーの3色が用意されているが、PEG-SJ33本体のカラーとは異なる色味で、ブラックとオレンジはグラデーションがかかっており、ブルーは光に当たるとキラキラと輝く仕上げとなっている。2月22日発売で、予想小売価格は2000円弱。

カバー
ハードカバー『PEGA-CV33』

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン