このページの本文へ

ソフトバンクBB、東京めたりっく通信など4社を吸収合併

2003年01月22日 18時16分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトバンク(株)は22日、100%子会社のソフトバンクBB(株)が、東京めたりっく通信(株)、名古屋めたりっく通信(株)、大阪めたりっく通信(株)、(株)ディーティーエイチマーケティングの4社を吸収合併すると発表した。

ソフトバンクBBは、2001年9月に子会社となるディーティーエイチマーケティングを通して、東京めたりっく通信、名古屋めたりっく通信、大阪めたりっく通信に資本参加を行なっているが、今回、ブロードバンドインフラ事業の効率化と事業基盤強化を目的に、4社を吸収合併するもの。合併期日は3月10日の予定。合併はソフトバンクBBを存続会社とし、他の4社は解散する。

現在、めたりっく通信グループ3社が提供しているインターネット接続事業は、すでに“Yahoo! BB”に統合されており、引き続きソフトバンクBBが提供するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン