このページの本文へ

システムソフト・アルファー、現代戦シミュレーションゲーム『大戦略パーフェクト1.0』を発売

2003年01月15日 22時25分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

システムソフト・アルファー(株)は15日、現代戦シミュレーションゲームの最新作となる『大戦略パーフェクト1.0(ダイセンリャク・パーフェクト・イチテンレイ)』を3月20日に発売すると発表した。価格は9800円。

画面イメージ
『大戦略パーフェクト1.0』の画面/(C)2003 SystemSoft Alpha Corporation

『大戦略パーフェクト1.0』は、これまでに発売した全シリーズのルールや仕様を盛り込んだ選択式ルールを採用したほか、新規ルールとして“迎撃ルール”を追加したのが特徴。ルールは自由にカスタマイズ(選択)でき、保存も可能。マップサイズは48/64/128ヘックスから、縦/横を別のサイズに設定可能で、最大で8ヵ国戦に対応。1ヵ国の部隊数も最大999まで設定できる。地形ラベルも最大200まで設定可能という。兵器は700種類以上を収録し、弾道ミサイルなどを搭載した原子力潜水艦“戦略型潜水艦”や、米国のレーザー砲を装備した最新式兵器“弾道弾迎撃機”の『YAL-1』、迎撃ルールを適用できる“イージス艦”も追加されている。生産タイプは製品組み込みタイプが16ヵ国で、ユーザー編集タイプが20ヵ国用意される。『マップエディタ』と『生産タイプエディタ』が標準で付属する。

対応OSはWindows XP/Me/2000 Professional/98。Pentium II-266MHz以上のCPU、96MB以上のRAMを搭載したパソコンで、DirectX 8.1が動作する環境が必要。

同社では、初年度の売上目標を3万本としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン