このページの本文へ

クラスキャット、Tomcat 4に対応した電子商取引サイト構築パッケージを発表

2003年01月07日 16時48分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)クラスキャットは、J2SEおよびTomcat 4に対応したB to B電子商取引サイト構築パッケージ『ClassCat WebSales 1.4 EDI Edition』を1月中旬より発売する。

『ClassCat WebSales 1.4 EDI Edition』は、販売元サイドで受発注システムを管理し、取引先企業に商品を注文するためのB to Bサイトを提供するシステム。WebアプリケーションサーバにTomcat、データベースにPostgreSQLを利用する。動作環境は以下のとおり。

  • 対応ディストリビューション……Red Hat Linux 7.x/8.0
  • アプリケーションサーバ……Tomcat 4.1.x
  • データベース……PostgreSQL 7.x
  • J2SE……J2SE 1.4.x

価格はオープンプライス。クラスキャットのビジネスパートナーを通じて提供される。

また、2003年第2四半期には、Apacheプロジェクトが開発しているオープンソースのSOAPエンジン“Axis”を利用したXML Webサービス拡張キットを発売する予定だといい、このキットを利用することで、『ClassCat WebSales 1.4 EDI Edition』をXML Webサービスに対応させることが可能になるという。

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!