このページの本文へ

カノープス、サーバーに蓄積されたビデオをクライアント側で視聴できる『HomeEdge』α版を公開

2002年12月20日 17時01分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カノープス(株)は20日、サーバーパソコンのディスクに蓄積されたビデオファイルをクライアントパソコンで視聴できるシステム『HomeEdge』のアルファ版を公開したと発表した。

『HomeEdge』のアルファ版は、メディアファイルの管理/分類機能、メディアファイルの配信機能、AVIファイルや高ビットレートのMPEGファイルをネットワーク経由で視聴するのに適したビットレートのMPEG形式に変換しながら配信する機能を搭載する。対応OSは、サーバー/クライアントともにWindows 2000 Professional/XP。アルファ版は、未サポート製品で、動作環境なども変更されることがある。

『MTU2400』『MTU2400』

なお、同社のTVチューナー『MTU2400』(価格は5万9800円)をサーバーに装着すれば、テレビ映像の配信も行なえる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン