このページの本文へ

NTT-ME、ユビキタス対応の企業向けVPNサービスを開始

2002年12月17日 22時25分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ エムイーは17日、7月から提供しているインターネットVPNサービス“XePhionインターネットVPN”の新サービスとして、外出先や自宅のパソコンやPDAなどから会社のイントラネットにVPNで接続できるサービス“エンタープライズVPNユビキタスコース”の提供を2003年1月下旬に開始すると発表した。申し込み受け付けはウェブサイトで18日に開始する。

このサービスは、NTT東日本の“Ephelio-VPN(イフェリオVPN)ポータブル・セキュリティシリーズ(PSシリーズ)”のPSデバイスにVPN認証情報とVPNソフトを格納し、パソコンやPDAに装着することでVPNを利用できるようにするサービス。PSデバイスには、USBキータイプ“PSキー”とコンパクトフラッシュカードタイプ“PSカード”を用意する。

PSキーとPSカード
“PSキー”(左)と“PSカード”(右)

“エンタープライズVPNユビキタスコース”には、ダイヤルアップ接続によるVPN通信が行なえる“エンタープライズVPNユビキタス Dコース”、NTT東日本/西日本のフレッツ・ISDNを利用してVPN通信が行なえる“エンタープライズVPNユビキタス Iコース”、フレッツ・ADSLを利用してVPN通信が行なえる“エンタープライズVPNユビキタス Aコース”の3種類を用意する。各コースともインターネット接続用IDが含まれるほか、24時間365日対応のサポートデスクがPSデバイスの紛失時などの管理を一括して行なうという。

USBタイプのPSキーの接続イメージ
USBタイプのPSキーの接続イメージ

1台あたりの料金は、Dコースが月額2450円、Iコースが月額2800円、Aコースが月額3000円。初期費用は2万5800円。初期費用には、PSデバイス本体、PSデバイス設定料、IPSecゲートウェイ設定料、送料を含む。なお、Dコースの月額料金には1ヵ月6時間までの利用料金が含まれており、6時間を超えた部分は1分あたり7円が加算される(超過料金は1ヵ月で最大5000円)。Iコース/Aコースは無制限だが、ダイヤルアップ接続を利用する場合は、Iコースが1分あたり7円、Aコースが1分あたり5円(ともに最大で1ヵ月5000円)。

利用条件は、“エンタープライズVPNサービス”の“ルータタイプ”を契約しており、D/I/A各コースの合計で25個以上、最低利用期間が12ヵ月、最大同時接続数がPSデバイス数の10分の1、など。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン