このページの本文へ

シャープ、シャープスペースタウンでモバイルVoIP実験サービスを開始

2002年12月17日 21時15分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)は17日、インターネット総合サービス“シャープスペースタウン”において“モバイルVoIP実験サービス”を開始すると発表した。実験サービス期間は18日から2003年3月31日まで。実験サービスのモニターは18日から2003年2月28日まで受け付ける。対応機種は、ザウルス『SL-C700』か『SL-B500』で、コンパクトフラッシュ型のLANカードとイヤホンマイクを所有していることが参加条件。なお、今回の応募期間中に限り、希望者にはイヤホンマイクがプレゼントされる。

モバイルVoIPサービスイメージ
モバイルVoIPサービスイメージ図

この実験サービスはエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)が提供する無線LANサービス“ホットスポット”を利用できるオプションサービスを通じて、ザウルスをインターネット電話の端末として電話ができるサービスを提供するもの。実験サービスの終了後は本格サービスに移行する予定という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン