このページの本文へ

アスキーソリューションズ、ウェブサイトのアクセス解析ソフト『SiteTracker 6.0』を発売

2002年12月17日 17時16分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アスキーソリューションズは17日、米セインソリューションズ( Sane Solutions)社が開発したウェブサイトのアクセスログ解析ソフト『SiteTracker 6.0』日本語版を2003年1月31日に発売すると発表した。

『Site Tracker 6.0』『SiteTracker 6.0』

『SiteTracker(サイトトラッカー) 6.0』は、単一サイト向けの“プロフェッショナル”と、企業など複数のサイト向けの“エンタープライズ”、大規模サイト向けの“eビジネス・エディション”の3種類が用意されている。表示されるカレンダーをクリックすると、アクセスログを、日/週/月/年ごとなど、指定した期間で解析レポートが抽出でき、アクセス頻度の高いページ、訪問のリピート率、広告の効果測定、ウェブサイトがどんな検索キーワードで検索されたかなどを解析・表示する。

また、“エンタープライズ”と“eビジネス・エディション”についてはFTPサーバーのダウンロードやセッションの解析、プロキシー/ファイアーウォールサーバーへの社内からのアクセス状況の解析、ストリーミングメディアのトラフィックと再生状況、インターネットサーバーのパフォーマンスも解析できる。

解析画面
アクセスが多いページのランキングを表とグラフで 表示する

価格は“プロフェッショナル”が9万8000円、年間サポート費用が3万円、“エンタープライズ”が19万8000円(5サイト~)、年間サポート費用が6万円、“eビジネス・エディション”が250万円(5サイト~)、年間サポート費用が75万円。

サーバーの対応OSは、“プロフェッショナル”と“エンタープライズ”の場合、 Windows XP/2000/NT/Me/98 SE/98/95、Solaris 2.x~9.x (SPARC)、Linux(glibc 2.1以上)。“eビジネス・エディション”は Windows NT/2000/XP、Solaris 2.x~9.x (SPARC)、Linux(glibc 2.1以上、Oracle8.x~9i、SQL Server 7.0以上が動作する環境)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン