このページの本文へ

日本HP、Mobility Fire GL 9000搭載ノート『Compaq Evo mobile workstation N800w』を発売

2002年12月16日 16時42分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカード(株)は16日、モバイルPentium 4-M-2.20/2GHzとカナダのATIテクノロジーズ社製のグラフィックスコントローラー『Mobility Fire GL 9000』を搭載した、モバイルワークステーション用のノートパソコン『Compaq Evo(コンパック・イーヴォ) mobile workstation N800w』2モデルを発表した。直販の“hp directplus価格”は32万9000円から。12月下旬に販売を開始する。

『Compaq Evo mobile workstation N800w』
『Compaq Evo mobile workstation N800w』

『Compaq Evo mobile workstation N800w』は、CPUにモバイルPentium 4-M-2.20/2GHz、チップセットにi845MPを採用したノートパソコン。グラフィックスコントローラーは3D Open GLに対応し、4本のレンダリングパイプと6つのテクスチャーパスを装備した『Mobility Fire GL 9000』(VRAMは64MBのDDR SDRAM)で、512MBのDDR SDRAMメモリー(PC2100準拠、最大2GB)、60GBのHDD(S.M.A.R.T.準拠)、UXGA(1600×1200ドット)またはSXGA+(1400×1050ドット)に対応した15インチTFT液晶ディスプレーを搭載する。インターフェースは、USB 2.0×2、モデム(RJ-11)、10/100BASE-TX対応LAN(RJ-45)、VGA、Sビデオ出力端子など。マルチベイやマルチポートに対応し、光ディスクやデュアルバッテリー、無線LANやBluetoothなどは、“Compaq Evo Notebookシリーズ”とのオプション共用が可能となる。本体サイズは幅327×奥行き266×高さ38mm、重量は2.98kg(光ディスクドライブ装着時、ウェイトセーバー装着時は2.72kg)。リチウムイオンバッテリー使用時の駆動時間は3.5時間、デュアルバッテリー使用時は6.5時間。OSはWindows 2000 Professional。

価格は、モバイルPentium 4-M-2GHz、SXGA+に対応した液晶ディスプレー、最大24倍速CD-ROMドライブを搭載したモデル『P2.0/15P/512/60/D/C/W2』が32万9000円、モバイルPentium 4-M-2.20GHz、UXGAに対応した液晶ディスプレー、DVD&CD-RWコンボドライブ(DVD最大8倍速/CD-RW最大10倍速/CD-R最大24倍速/CD-ROM最大24倍速)を搭載したモデル『P2.2/15U/512/60/W/C/W2』が38万9000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン