このページの本文へ

ついにSerial ATAインターフェイスのハードディスクが登場!第1弾はMaxtorの120GBモデル!!

2002年12月14日 22時09分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Serial ATA
ついに登場したSerial ATAインターフェイスのハードディスク

 MaxtorからついにSerial ATAインターフェイス対応のハードディスク“DiamondMax Plus 9”シリーズ 「6Y120MO」が登場した。現在最新マザーボードには、ごく普通にSerial ATAコントローラが搭載 され、また対応インターフェイスカードも多数発売されている。 肝心の対応ハードディスクのみがない状況だったわけだが、やっとSerial ATAの環境が 揃ったことになる。



SATA 接続 デモ
“SATA”の文字がはっきり見えるSerial ATAで接続USER'S SIDEでは、実際に製品を使用したデモを行っている
価格表
“ハードディスク単体での販売はしておらず、Serial ATAインターフェイスカードとのセットでの購入が条件

 メーカーサイトによると6Y120MOの主な仕様は、接続がSerial ATAインターフェイスに変わったこと以外 すでに発売中のDiamondMax Plus 9シリーズと同じ。 回転数は7200、流体軸受を採用し、バッファ容量は8MBとなる。 今回登場した製品の容量は120GBのモデルで、その他「6Y060M0(60GB)」、「6Y080M0(80GB)」、「6Y160M0(160GB)」の 3モデルがラインナップされている。 販売を確認できたのはUSER'S SIDEで、ハードディスク単体での販売はしておらず、Promise、HighPoint、 3Ware製のSerial ATAインターフェイスカードとのセットでの購入が条件となる。 ちなみに一番安い組み合わせは、Promise製「SATA150 TX2plus」とセットで3万2780円となる。 また、同じく6Y120MO(こちらは販売せず)を入手したあるショップによると「単体での販売は、 おそらく年内には開始されそうで、価格は2万円前後になるのでは」という話もあった。 どちらにせよ、登場を待ち望むユーザーが多かっただけに予定通り年内に手に入れることができそう なのは、嬉しいところだろう。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ