このページの本文へ

5インチベイに搭載可能なUPS!その名も“安心くん”が登場!

2002年12月13日 23時37分更新

文● HINOMOTO

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Power Supporter 安心くん(型番:TPS-001)」
「Power Supporter 安心くん(型番:TPS-001)」

 タオ エンタープライズから、5インチベイに搭載可能なPentium 4/AthlonXP対応UPS 「Power Supporter 安心くん(型番:TPS-001)」が14日から発売予定となっている。製造元はTOPPOWER。サイズはW89×D140×H150(mm)で本体から出ているケーブルにはマザーボード、PC電源に接続するための20pinコネクタ、Pentium 4などで使用するための+12V 4ピンコネクタの他に、HDDなどで使用する4ピンコネクタ×9、FDD用のミニ4ピンコネクタ×2という構成で、使用する際にはPCに搭載された電源とマザーボードの間にTPS-001を接続するかたちになる。これにより、停電時には従来のUPSのようにPC外部から電源を取らずに、直接M/Bや搭載機器にDC-DCの形でロスの少ない電源供給を行うことができるようだ。UPSというよりは、どちらかと言えばPC電源用充電池といった感じだろうか。そのため、電源管理に特別にアプリケーションを追加する必要もない。供給可能電力は最大で250W、フル充電時に約3分のバッテリー駆動が可能。メーカーサイトによると、対応CPUはPentium 4 ~2.8GHz/Athlon ~1.4GHz/Athlon XP ~2600+となっている。価格は高速電脳で2万9800円。



本体 パッケージ ケーブル類
一見するとドライブのようにも見えるパッケージには安心くんの文字が使用する際にはPCに搭載された電源とマザーボードの間にTPS-001を接続する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ