このページの本文へ

イーヤマ販売、15インチ液晶ディスプレー『AX3817UT S』など2モデルを発売

2002年12月10日 19時19分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)イーヤマ販売は10日、ステレオスピーカーを搭載した15インチXGA液晶ディスプレー『AX3817UT S』とブラックモデル『AX3817UT SBK』を12月中旬に発売すると発表した。価格はオープン。同社のオンライン販売価格は4万1800円の予定。

『AX3817UT SBK/S』
『AX3817UT SBK』(左)と『AX3817UT S』(右)

『AX3817UT S』は、(株)イーヤマが開発した輝度が300cd/m2の液晶パネルを搭載するほか、ステレオスピーカー(1W×2)をスタンド部に内蔵したことで省スペース化も図られているのが特徴。搭載する15インチ液晶パネルは、画素ピッチが0.297mm。視野角は上下150度、左右110度。応答速度は25ミリ秒。1024×768ドットで1677万色表示に対応しており、XGAより低い解像度の画像をなめらたかに拡大表示するデジタルスムージング機能も搭載する。水平同期周波数は24.0k~60.0kHz、垂直同期周波数は55~75Hz。ドットクロック周波数は最大80MHz。映像入力端子はミニD-Sub15ピン(直出し)。電源はAC100V~240Vで付属のACアダプターを利用する。消費電力は最大40W、パワーマネジメント時は3W。本体サイズは幅356×奥行き165×高さ360mm、重量は3.5kg。角度調節範囲は上25度、下5度。Windows 95/98/2000/Me/XPのプラグ&プレイ機能にも対応する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン