このページの本文へ

ソースネクスト、ビジネスマン向け学習ソフト『メキスウbiz. 激闘!スーパー速算バトル』を発売

2002年12月10日 18時46分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソースネクスト(株)は10日、ビジネスマン向けの暗算学習ソフト『メキスウbiz. 激闘!スーパー速算バトル』を20日に発売すると発表した。価格は4980円。対応OSはWindows XP/2000/Me/98 SE/98。

『メキスウbiz. 激闘!スーパー速算バトル』
『メキスウbiz. 激闘!スーパー速算バトル』

『メキスウbiz. 激闘!スーパー速算バトル』は、同社独自のメソッド“速算メソッド”をもとに作成されたビジネスマン向けの学習ソフト。たとえば“2500円の商品が3000個売れると、売り上げはいくらになるか?”といった問題に強くなり、数学の力を身につけることを目的とした内容になっている。

学習の流れはスポーツ競技に参加するイメージで構成されている。最初の段階のステージは“エキシビジョン”として、ボディービルダーが登場し、テンキーの操作と数字記憶力を鍛える“テンキービルディング”と、数字が表示される順に計算していく“速算ビルディング”の2つが用意されている。

次のステージではスポーツスタジアムを舞台としてスーツを着た主人公が登場し、基本的な1~2桁の四則混合の計算練習を行なう“1問1泳ぎ1水泳”、2桁以上から万や億までの大きな数の計算力を養う“1問1蹴! サッカー4種”、桁感覚(0を数えなくても桁がわかる)を養う“1問1跳! サッカー”、消費税、ローン、売り上げ計算などに関連する計算力を養う“超ヘビー級重量挙げ4種”の4つの“競技”が用意されている。

“超ヘビー級重量上げ”
問題が解ければ持ち上げられるようになる“超ヘビー級重量上げ”

毎回の練習終了時には、挑戦した問題数や正解率から、“ビジネスマンランキング”として表示される。

動作環境は、PC/AT互換機を使用し、CPUはPentium II-300MHz以上を使用し、メモリーが128MB以上、HDDの空き容量が700MB以上必要。

  • ソースネクスト
  •                                           

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン