このページの本文へ

NTTデータと三洋電機、新会社“エヌ・ティ・ティ・データ三洋システム”の役員人事を発表

2002年12月02日 23時43分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・データと三洋電機(株)は2日、10月28日に発表したNTTデータと三洋電機の資本提携による新会社の正式名称を発表した。名称は“株式会社エヌ・ティ・ティ・データ三洋システム”。代表取締役社長には現NTTデータシステムズ代表取締役社長の大橋純氏が、代表取締役副社長には現三洋電機ソフトウエア代表取締役社長の徳永雅弘氏が内定したという。発足は2003年1月6日に変更されている。

会社の所在地は大阪府守口市京阪本通2丁目で、資本金は5億8600万円(株主構成はNTTデータ、三洋電機ともに50%。システムインテグレーション事業、通信サービス事業、情報処理サービス事業などを主な事業とする。従業員数は約370名。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン