このページの本文へ

無線で外付けストレージ!東芝のBluetooth接続HDD「HOPBIT B105H」が発売!

2002年11月23日 23時04分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
HOPBIT B105H

 無線接続外付けストレージというユニークな製品が登場した。東芝の「HOPBIT B105H」で、Bluetooth接続の外付けHDDというものだ。付属のACアダプタによる給電のほかリチウムイオン電池を内蔵しており、完全ワイヤレスでの動作が可能となっている。



パッケージ BlueToothロゴ
パッケージはシンプル燦然と輝くBluetoothロゴ
USBアダプタ付き USB接続コネクタと電源コネクタ
付属のUSBアダプタ。ちなみにミツミ製左がUSB接続コネクタ、右はACアダプタ

 本体サイズは70(W)×110(D)×22(H)mm、重量180g。容量は5GBで、PCカード型HDDやサブノートPCで使用されているものと同じ1.8インチHDD。Bluetoothによるファイル転送に対応した機器とのデータのやり取りが可能なほか、USB接続Bluetoothアダプタが付属しているためBluetooth非搭載PCでも使用可能。またUSB接続ケーブルも付属しており有線接続も可能となっている。
 内蔵バッテリーによる駆動時間は連続6時間、HDD非動作時時の通信待ち受け時間は最大200時間。通信可能距離は約10メートル。価格はフェイスで4万9800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ