このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ネットワーク業務の効率向上のために、問題点を総合的に洗い出すネットワーク管理ツールを利用せよ

【特別企画・ネットワーク管理ツールガイド】高効率ネットワークを目指す!

2002年11月22日 09時32分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ネットワークの管理者に求められるスキルは、規模や環境によって異なる。多様なネットワークに対応するには、習得に時間を要さない専用ツールを用いるのが効果的だ。

本特集の紹介製品


ASTEC Eyes on the net アステック・プロダクツ
eEye Iris 住友金属システムソリューションズ(ソフトウェアプロダクト部)
AppDancer/FA プロトン ソフトボート事業部

ひとくちに“ネットワーク管理”といっても、その業務の範囲は膨大である。まず、ネットワーク機器やインフラといったハードウェア面でのシステム管理、これには各所に配された機器の障害監視や制御が含まれる。中小規模のネットワークでは管理者に配分できるコストも少なく、一人の管理者が複数のネットワークを管理することも珍しくないため、リモート制御による各種管理を行なえる機能が必要だろう。

次にプロトコル管理やトラフィック制御などのパフォーマンス管理がある。不正なパケットの監視に始まって、運用現況と密接に関係した帯域管理、ユーザーへの教育なども業務に含まれる。続いてWebやメール、ファイル共有などの各種サーバ管理とメンテナンス、eコマースサイトを開設する企業であれば顧客データの管理さえ、ネットワーク管理者の業務としてリストアップされる。そして忘れてならないのが、ネットワークを介する機密漏洩の完全防止、外部アクセスの制限といったセキュリティ管理である。事実、これらすべてを独力でこなせる管理者は少ない。また業務規模によっては専任管理者がいない場合も多い。にもかかわらず、管理ポイントを複数箇所に分散させると障害発生時の切り分けが困難になるなどのリスクも伴う。巨大化したネットワークであろうとも、リアルタイムでの集中管理が必要とされるのだ。おまけに、ネットワークソリューションは日々変容し続けている。管理者に要求される知識とスキルは確実に増加しており、また、負わされる責任も重大である。

IT業務の根底をなす最重要なインフラがネットワークだ。その運用には適切なネットワーク管理ツールが必須となる。

ASTEC Eyes on the net

アステック・プロダクツ

  • 価格:198,000円(基本パッケージ 1ライセンス)、75,000円(リモートモジュール 1ライセンス)
  • URLhttp://www.asteceyes.com/

ASTEC Eyes on the net
ASTEC Eyes on the net

ネットワーク管理業務に即した実用的な機能を持つネットワークアナライザ。基本パッケージはWindowsで動作し、TCP/IPベースのネットワークに対応、リモートモジュールはWindows版/Linux版/Solaris版が用意されており、Windows/UNIX混在環境で利用できる。デコード可能なプロトコルは、標準的なTCP、UDP、DHCP、FTP、HTTP、RADIUS、SNMPに加え、AppleTalk関連、PPP関連など約150種。IPv6にも対応し、ストリームの再構成、パケットフィルタなどの機能を装備。プロトコル/ホスト単位でトラフィックの詳細をグラフ表示できる。同社サイトから試用(体験)版のダウンロードも可能である。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ