このページの本文へ

米IBMとシャープ、Linuxベースの企業向けモバイルソリューション事業で合意

2002年11月15日 23時07分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米IBM社とシャープ(株)は15日、企業のアプリケーションやデータベース、電子メールやスケジュールに、モバイル環境からアクセスするためのLinuxベースのモバイルソリューションを共同で開発し、グローバルに事業を展開することで合意したと発表した。これは、企業向けソリューションのプラットフォームにと組込み型Linuxを導入するIBMの戦略と、LinuxとJavaを搭載したPDA“ザウルス”を法人市場へ展開するシャープの戦略が合致したことによる。

これにより、IBMは、“IBM WebSphere Everyplace Access(WEA)”などのLinux/Javaによるモバイル機器向けのインフラとミドルウェアを提供し、シャープは、それらが動作する基本プラットフォームをLinux/Java搭載ザウルスとして提供する。併せて、アプリケーションを開発するためのオープンソースの開発ツールや開発リソースも提供する。

両社は、2003年半ばをめどに米国より導入を進め、順次世界展開を進めるとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン