このページの本文へ

日本HP、A1ロール紙からA6まで対応したマルチサイズ・カラープリンター『hp designjet 110』を発売

2002年11月14日 22時14分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカード(株)(日本HP)は14日、A1幅のロール紙からA6サイズまで対応するマルチサイズ・カラーインクジェットプリンター『hp designjet 110』を11月下旬に発売すると発表した。価格は23万8000円。

hp designjet 110
『hp designjet 110』。隣にあるコンパクトデスクトップ『hp pavilion』と比較すると、その大きさが分かる

都内で開催された記者発表会では、製品の詳しい説明が行なわれた。それによると、hp designjet 110は、海外で販売している『hp designjet 100』をベースに、“ロール紙対応”“上下左右のマージンを5mmに縮小”などの改良を加えた日本専用モデルだとのこと。

徳永信幸氏
イメージング・プリンティング事業統括本部 コマーシャル営業部 マーケティングマネージャの徳永信幸氏

壇上に立ったイメージング・プリンティング事業統括本部 コマーシャル営業部 マーケティングマネージャの徳永信幸氏は、「この製品の位置づけは従来のA4プリンターと大判プリンターの中間に当たる新しい市場と捕らえており、CADから大判のバナー広告(ポスター)、POPなどの製作がメインターゲットとなる。製品設計は“Easy”“Economy”“Multi Use”の3つのキーワードに基づいて行なった。Easyは、大判のカット紙でも給紙トレイに置いてボタンを押すだけで自動的にゆがみなどを検出する自動給紙機能を搭載、操作ボタンを3つのみの最小限にとどめ、プリンタードライバーに拡大印刷機能(※1)を搭載し、コピー機と同様の手軽さでA3データをA1サイズに拡大して印刷可能になっていること。EconomyはA2サイズプリンター並の23万8000円という価格。Multi Useは、大判だけでなく日々の書類の印刷にも利用できるように、A6からA3ノビまでの用紙を最大100枚装填可能な給紙トレイを標準装備し、A1対応プリンターながら複数枚に分割してA1以上の大きなポスターなどを作成する“タイル印刷”や1枚に複数ページをまとめて印刷する“ハンドアウト印刷”が可能になっていることが挙げられる」と、製品の特徴を説明した。

※1 拡大印刷機能 開発担当者に確認したところ、プリンタドライバーに含まれる拡大印刷機能にはスムージング(画素補間)機能がないため、写真などの画像の拡大にはあまり向かないが、ベクターデータなどを使用するCADやデザインでは1ピクセルにインクを複数回ドロップしてジャギーを目立たないように印刷する“カラーレイヤテクノロジ”により、細い線や円弧もシャープで滑らかな出力が得られる、とのこと。

また、「今のプリンターでは“速い”“きれい”は当たり前になっているが、hp designjet 110でも12.7mm(0.5インチ)幅/304ノズルの高密度ワイドヘッドを採用し、1秒間に1094万ドロップの高速噴射が可能で、A1データを90秒で印刷できる」としている。

hp designjet 110の主なスペックは、印刷解像度が最高1200×600dpi、インクはCMYKの4色でインクタンクは各色独立型(Kのみ69mlの大容量カートリッジを利用可能、CMYは28ml)。ランニングコストは、高速モードの普通紙(A1サイズ)で約11円、高品質モードの普通紙では約29円、コート紙に画像データを印刷した場合、同じく高速モードが約137円、高品質モードは約183円となる(同社調べ)。インターフェースは、パラレル、USB 1.1を標準装備し、オプションの『hp jetdirect 615n』を装着することで10/100BASE-TXのEthernetポートも増設できる。対応OSはWindows 95/98/Me/NT 4.0/2000/XP。

操作パネル ネットワーク端子 インクタンク
操作ボタンは3つのみで、インク残量は液晶パネルに表示される。A3/A4プリンターのユーザーが戸惑わないように、シンプルなインターフェースにしたとのことオプションのネットワーク端子は、背面のスロットにカードを装着することで増設できる右手前にインクタンクを装着し、チューブでインクをヘッドに送って、ヘッドのみが左右に走査する。写真はデモ機のためK(顔料系黒インク)のインクタンクが28mlタイプになっているが、Kのみ69mlの大容量タイプも装着可能

11月15日に受注を開始し、出荷開始は11月21日(予定)。また、大判プリンターとしては初めて、同社の直販サイト“hp directplus”でも取り扱いを行ない、12月2日より販売開始する予定。また、購入者には2003年3月31日までポスター素材やテンプレート(Word文書)を1万点無料ダウンロード可能なキャンペーンを実施する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン