このページの本文へ

大日本印刷とDTCT、超小型指紋認証モジュールを開発

2002年11月08日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

大日本印刷(株)とディー・ティー・サーキットテクノロジー(株)は8日、超小型の指紋認証モジュールを開発し、11月末にサンプル出荷を開始すると発表した。量産出荷を2003年3月に開始し、電機メーカー、OA機器メーカー、医療機器メーカー向けに両社が販売する。価格は未定。

指紋認証モジュール
指紋認証モジュール

開発した指紋認証モジュールは、プリント基板上に、プロセッサー、認証ソフトを組み込んだフラッシュメモリー、SDRAMを実装したもので、単体でも動作する。指紋センサー上で指をスライドさせるようにして指紋を取り込み、あらかじめモジュール内に登録してある指紋データと照合する。ビルドアップ配線基板技術“B2it(ビー・スクエア・イット)”により、基板サイズを幅40×奥行き30×高さ5mmと小型化したのが特徴。指紋センサーにはサイズが幅26×奥行き10×高さ4mmの小型感熱式スイープセンサをー採用する。認証アルゴリズムに周波数解析法を採用したことで、モジュール内に指紋の画像などが登録されないため、個人データが流出する恐れなどもないという。

ディー・ティー・サーキットテクノロジーでは、将来的には部品のベアチップ化やスタック実装などにより小型化を検討するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン