このページの本文へ

米AMD、IEEE 802.11b準拠のモバイル機器向け無線LANチップセットをサンプル出荷

2002年11月04日 16時59分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米Advanced Micro Devices社は4日(現地時間)、“IEEE 802.11b”に準拠した2チップ構成の無線LANチップセット『AMD Alchemy Solutions Am1772 Wireless LAN Chipset(AMD Alchemy ソリューションズ AM1772 ワイヤレスLANチップセット)』のサンプル出荷を今月中に開始すると発表した。併せて、ミニPCIバス用カードのリファレンスデザインキット『Mini PCI Card Reference Design Kit(ミニPCIカード・リファレンス・デザインキット(RDK))』のサンプル出荷も開始する。量産出荷は2003年第1四半期に開始する予定。

『AMD Alchemy Solutions Am1772 Wireless LAN Chipset』
『AMD Alchemy Solutions Am1772 Wireless LAN Chipset』

チップセットは、Direct Down Conversionにより中間周波数(IF)チップを不要にしたベースバンドプロセッサー『AMD Alchemy Solutions Am1770 Radio Frequency Tranceiver』、MAC(メディア・アクセス・コントローラー)を搭載した『AMD Alchemy Solutions Am1771 baseband processor/MAC』で構成される。ディスクリプターベースのDMAホストインターフェースに対応しており、SRAMなどは不要。パッケージはAM1770が48ピンLQFP(7×7mm)、AM1771が176ピン(ボール)のLFBGA(14×14mm)。

また、CMOSにより低消費電力化が図られており、ミニPCIカードのリファレンスデザインの場合、受信時が134mA、送信時が232mA。ミニPCIカードの片面に実装できる。128bit/40bit WEPやWi-Fiをサポートしており、対応OSはWindows XP/2000/98 SE/Me/NT、Linux。

表面 裏面
表面裏面
ミニPCIカードのリファレンスデザイン

今後同社は、MIPS系プロセッサーコアと周辺回路をSOC(システム・オン・チップ)として集積したモバイル機器向けプロセッサー“Alchemy Au”ファミリーと統合するとしている。なお、“Alchemy Au”は、2月に買収した米アルケミーセミコンダクター(Alchemy Semiconductor)社からの製品。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン