このページの本文へ

ラトックシステム、パソコン自動切換器『REXーKVM』シリーズ8機種を発売

2002年11月01日 23時17分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ラトックシステム(株)は1日、パソコン自動切換器『REX-KVM』のシリーズを11月下旬に発売すると発表した。PS2キーボード/マウス対応モデル、USBキーボード/マウス対応モデル、ハブ搭載モデルなど合計8機種の発売となる。また通信販売サイトで予約の受付も行なっている。

すべての機種に共通した特徴としては、選択しているパソコンを示すLEDを装備し、本体に搭載されている切り替えボタンのほか、キーボード上の指定のキー(ScrollLock+ScrollLock+数字または↑↓)での切り替えに対応している。切り替え時の確認音は消すことも可能。また、約10秒間隔でパソコンが切り替わる“オートスキャンモード”、2048×1536ドットの高解像度ディスプレー表示に対応する。

また、すべてのモデルに、パソコンと切換器を接続するためのケーブルとして、キーボード/マウス/ディスプレーのコネクターを集約したKVMケーブル(『REX-210』『REX-410』『REX-210A』『REX-210A』のみ、ケーブル長1.8m)、PS/2とディスプレーコネクターを集約したKVMケーブル(『REX-410U』『REX-410U』のみ、ケーブル長1.8m)、USBとディスプレー、オーディオコネクターを集約したUVオールインワンケーブル(『REX-210UA』『REX-410UA』のみ、ケーブル長1.8m)が付属する。

『REX-210』 『REX-410』
PS/2接続、パソコン2台接続用の『REX-210』PS/2接続用『REX-410』(パソコン4台接続用)

PS/2キーボード/マウス対応のモデルは、『REX-210』(パソコン2台接続用)、『REX-410』(パソコン4台接続用)、スピーカー/マイク/ヘッドフォンなどオーディオ端子の接続が可能な『REX-210A』(パソコン2台接続用)、『REX-410A』(パソコン4台接続用)、USB Hubを内蔵したモデル『REX-210U』(パソコン2台接続用)、『REX-410U』(パソコン4台接続用)。

価格は『REX-210』が1万1000円、『REX-410』が1万8500円。『REX-210A』が1万2500円、『REX-410A』が2万2500円。『REX-210U』が1万9800円、『REX-410U』が3万2500円。

『REX-210A』 『REX-410A』
PS/2接続 オーディオ端子対応の『REX-210A』(パソコン2台接続用) PS/2接続、オーディオ端子対応の『REX-410A』(パソコン4台接続用)

電源はPS/2ポートから供給される。PS/2ポートからの電源が5Vに満たない場合は、別売りのACアダプター(RSO-AC09-06)を接続して切替器に電源を供給できる。

動作機種は、ミニD-Sub15ピン、PS/2キーボード/マウスコネクターを装備したPC/AT互換機で、『REX-210』『REX-410』『REX-210A』『REX-410A』の対応OSは、 Windows XP/Me/2000/NT/98 SE/98/95、Linux。『REX-210U』『REX-410U』の対応OSはWindows XP/Me/2000/98 SE/98、Linux。

『REX-210U』 『REX-410U』
PS/2接続、パソコン2台接続用のUSB Hub付きモデル『REX-210U』PS/2接続、パソコン4台接続用のUSB Hub付きモデル『REX-410U』

『REX-210』の本体サイズは幅131×奥行き64×高さ22mm、重量が125g。『REX-410』は幅215×奥行き80×高さ23mm、重量が213g。『REX-210A』は幅86×奥行き117×高さ33mm、重量が450g。『REX-410A』が幅190×奥行き113×高さ46mm、重量が727g。『REX-210U』が幅129×奥行き133×高さ44mm、重量が650g。『REX-410U』が幅209×奥行き135×高さ44mm、重量が930g。

『REX-210UA』 『REX-410UA』
USB接続、オーディオ端子対応、USB Hub付きモデル『REX-210UA』(パソコン2台接続用)USB接続、オーディオ端子対応、USB Hub付きモデル『REX-410UA』(パソコン4台接続用)

USBキーボード/マウスに対応のモデルは、オーディオ端子接続が可能で、さらにUSBハブを内蔵した『REX-210UA』(パソコン2台接続用)、『REX-410UA』(パソコン4台接続用)。

価格は『REX-210UA』が2万1000円、『REX-410UA』が3万7500円。

『REX-210UA』『REX-410UA』は本体背面に2ポートのUSB(1.1) Hubを搭載、USBデバイスの切り替えに対応しており、コンソールと独立して切り替えることも可能。電源はUSBポートから供給され、各ポートで100mA以上の消費電流のUSBデバイスを同時に複数接続する場合は、添付のACアダプターを使用する。

動作機種はミニD-Sub15ピンのディスプレーコネクター、PS/2キーボード/マウスコネクターを装備したPC/AT互換機。対応OSはWindows XP/Me/2000/98 SE/98、Linux。

『REX-210UA』の本体サイズは幅129×奥行き133×高さ44mm、重量が650g。『REX-410UA』の本体サイズは幅209×奥行き135×高さ44mm、重量が930g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン