このページの本文へ

マザーのIDEインターフェイスを直接Serial ATAに!「挑戦者」の新作はSerial ATA変換アダプタセット!

2002年10月24日 21時13分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
SAIDE/SET-A ホスト側

 「挑戦者」から、Serial ATA変換アダプタ「SAIDE/SET-A」が登場した。ドライブ側に装着するアダプタだけでなく、ホスト側のIDEインターフェイスに差し直接変換するアダプタとセットになっているのが特徴。Serial ATAインターフェイスを持たないマザーボードでもインターフェイスカード無しでSerial ATA接続が可能になるというのがウリ。ホスト側用の変換アダプタはこれが初登場。



ドライブ側 コネクタと基板がツライチ
パッケージ

 アダプタ本体はAbit製品などとは違い基板が剥き出しで、玄人志向製品同様インターフェイス部から基板が突き出すレイアウトととなっているが、玄人志向製品と比べ全長は短くコンパクトにまとめられている。変換チップはお馴染みMarvell製“88i8030”だが「挑戦者」によれば新リビジョンチップを使用しているという。本日より販売が開始されており、価格はI・OプラザAKIBAで7800円。ウェブサイトでの通販価格は8800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ