このページの本文へ

チュンソフト、“女剣士アスカ見参!”をWindowsに移植

2002年10月24日 13時52分更新

文● 編集部 栗山博行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)チュンソフトは24日、家庭用ゲーム機『ドリームキャスト(Dreamcast)』向けソフトとして、2月7日に発売した『不思議のダンジョン 風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!』のWindows版『不思議のダンジョン 風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参! for Windows』を12月20日に発売すると発表した。価格は未定。

(c)チュンソフト/すぎやまこういち (c)SEGA,2002

“不思議のダンジョン”は、入るたびに地形が変わるダンジョンに侵入し、ダンジョンに落ちている武器、盾、草、巻物といった200種類以上のアイテムを駆使しながら、どんどんダンジョンの奥深くに潜っていくダンジョンRPG。女剣士アスカ見参! for Windowsでは、アイテムなどの種類を多少追加しただけで、ドリームキャスト版と基本的なシステムは変わっていないという。

Windows版の特徴は、ドリームキャスト版よりもオンライン対応を進め、公式サイトから新ダンジョンや壁紙、スクリーンセーバーのダウンロードを行なえるようにした点など。Windows版公式サイトの利用は有料を予定する。サイト利用料は未定だが、携帯電話コンテンツ並みの料金を考えているという。

対応OSは、Windows XP/2000 Professional/Me/98。動作環境は、CPUがPentium III-600MHz以上、メモリーが128MB以上、ビデオメモリーが15MB以上、HDDの空き容量が1GB以上。グラフィックス、サウンド用としてDirectX 7以上が必要。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン