このページの本文へ

バイオHS PCV-HS80BT5

バイオHS PCV-HS80BT5

2002年11月29日 00時00分更新

文● 月刊アスキー編集部・山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バイオHS PCV-HS80BT5

ソニー

オープンプライス(予想実売価格:31万円前後)

SONY Flash on ASCII
本製品はこちらから購入いただけます。画像をクリックすると“SONY Flash on ASCII”に移動します。

「バイオHS」は、バイオLXの特徴を継承しつつ、まったくの新規シリーズかと思われるほど外観のデザインを一新して登場した。ボディはピュアホワイトのクリアコーティングで、アーチ型をしたトップも印象的である。バイオのデスクトップの中ではもっともスタイリッシュなシリーズとなった。



「MOTION EYE」で
ビデオメールやTV電話を楽しむ

前面 背面
写真1 本体前面の右側には、上からメモリースティックスロット、PCカードスロット、USB、i.LINK(4ピン)、光デジタルオーディオ出力の各ポートが配置されている。写真2 背面のi.LINKポートは6ピン。USB 2.0ポートが3つ並ぶ。PCI拡張スロットは、MPEG-2エンコーダボード「Giga Pocket Engine」とモデムカードで占有。

 バイオHSは全5モデルをそろえ、Pentium 4-2AGHz搭載の3モデル(15型ペンタブレット/17型液晶モニタ/15型液晶モニタ)、Celeron-1.8GHzの2モデル(17型液晶モニタ/15型液晶モニタ)の内訳となっている。本体仕様はPentium 4の3モデルと、Celeronの2モデルはそれぞれ同じで、付属モニタのみ異なる。ここでは、15型ペンタブレットが付属する「PCV-HS80BT5」を評価機とした。

 フロント配置のスロットやポート類はすべてパネルの下にあり、フロント上部の銀色のボタンを押すと、右半分のパネルが開いてポート類にアクセスできるようになる。LXからの変更点としては、USBポートがUSB 2.0対応となったことが挙げられる。



内部
写真3 本体底面のパネルを外して内部にアクセスする。PCI拡張スロットはデフォルトでは空きがなく、メモリのみ増設が可能だ。

 HS全モデルに搭載されているMPEG-2エンコーダボード「Giga Pocket Engine」は、デジタルチューナーと接続すれば、衛星放送の予約録画も行える。PCV-HS80BT5のHDD容量は120GBで、最長で147時間、高画質時で約27時間のTV録画が可能である。光ドライブはDVD-R書き込み4倍速に対応した最新のDVD-R/RWドライブを内蔵する。

 さらに、付属モニタのトップに新たに組み込まれたCMOS-VIDEOカメラ「MOTION EYE」を使えば、バイオ間でTV電話を楽しむこともできる。同社のMEETTV電話サービスに入会する必要があるが、2003年春まではサービス期間として使用料は無料。マイクも付属モニタに内蔵されている。



MOTION EYE
写真4 「MOTION EYE」は、上下に90度回転し、使用しないときは下に向けてレンズ部分を収納できる。

 付属の液晶モニタは、スタンドが2カ所で折れ曲がり、液晶面の角度を垂直からほぼ水平まで変更できるLXシリーズからの特徴を継承したものだ。PCV-HS80BT5の液晶はさらに電磁誘導方式のペンタブレットになっている。ペイントソフト「procreate Painter 7」やフォトレタッチソフト「Adobe Photoshop Elements」などは、ペン入力でより使いやすくなるだろう。手書き文字認識ソフト「マイフレーズ」もプリインストールされている。なお付属ソフトには、マルチメディア系以外にも、Office XP Personalや葉書作成、経路検索などの実用系のものも含まれている。



PCVD-15XT1
写真5 PCV-HS80BT5に付属する「PCVD-15XT1」は、電磁誘導方式の15型ペンタブレット。上下・左右ともに170度の広視野角液晶が使われている。

 LXから機能的にもより円熟味を増し、かつバイオカラーに飽きてきていた人にもHSのデザインは新鮮に映るだろう。PCV-HS80BT5は31万円前後の予想だが、タブレットが不要なら、Celeron-1.8GHzのローエンドモデル「PCV-HS50BC5」の23万円前後まで、予算に応じて選ぶことができる。

PCV-HS80BT5の主なスペック
製品名 PCV-HS80BT5
CPU Pentium 4-2AGHz
チップセット Intel 845GL
メモリ(最大) PC2100 DDR SDRAM 256MB(1GB)
ビデオチップ Intel 845GL内蔵
HDD 120GB
FDD オプション(USB接続外付け)
光メディアドライブ DVD-RW(DVD-R4倍速/DVD-RW2倍速/CD-R16倍速/CD-RW8倍速/CD32倍速/DVD12倍速)
拡張スロット PCI×2(空き0)、PCカード(TypeII×1)、メモリースティック×1
通信 10BASE-T/100BASE-TX、56kbpsモデム
I/O USB 2.0×4(前面×1/背面×3)、i.LINK×2(前面4ピン×1/背面6ピン×1)、光デジタルオーディオ出力、ビデオ入力(S-VIDEO/コンポジット)、TVアンテナ、DVI×1
サイズ(W×D×H) 108×408×321mm
重量 約7.3kg
付属モニタ 15型ペンタブレット(XGA表示)
OS Windows XP Home Edition

競合製品レビュー

EDiCube MX1700HTV VALUESTAR T VT930/3D EDiCube MX1700HTV
エプソンダイレクト「EDiCube MX1700HTV」レビューNEC「VALUESTAR T VT930/3D」レビューエプソンダイレクト「EDiCube MX1700HTV」レビュー(from アスキー PC Explorer)
VALUESTAR L VL550/3D VALUESTAR T VT900/3D DIMENSION 4500C
NEC「VALUESTAR L VL550/3D」レビューNEC「VALUESTAR T VT900/3D」レビュー(from アスキーPC Explorer)デルコンピュータ「DIMENSION 4500C」レビュー

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン