このページの本文へ

電源とケースファンをまとめて静音化できるダクト「静か箱」が登場!

2002年10月19日 23時19分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「静か箱」

 電源用とケースファン用のダクトを一体化させた製品「静か箱」(型番:SS-SZKA-BOX)が親和産業から発売された。材質はアルマイト処理されたアルミで、内側には吸音材が貼られている。



内側 仕切り板

 サイズは250(W)×75(D)×124(H)mm。電源の排気ファンのほか、背面ケースファンをまとめて覆う形。写真のように2つのダクトを縦に繋げた形状になっているが、付属の仕切り板を装着することにより双方の空気の流れを仕切ることも可能。ケースによって背面ファンの位置はまちまちであり、縦に2基並べるレイアウトのものもあるが、それらをカバーできるようにケースファン側のダクトは縦に長い形状となっている。



取り付けるとこんな感じ 販売中

 電源を固定するネジを利用し、なおかつ付属の金具を介して装着する仕組み。ただし、中には電源ファンがケースファンの真上に位置しないレイアウトのケースもあり、両方をカバーできない場合もあるので確認が必要だ。価格はOVERTOPとCUSTOMで4980円、高速電脳で5280円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ