このページの本文へ

コレガ、USB接続の無線LANアダプター2製品を発売

2002年10月18日 16時50分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)コレガは18日、USB接続の無線LANアダプター 『corega Wireless LAN USB Stick-11』を同日付けで、『corega Wireless LAN USB-11mini』を10月下旬に発売すると発表した。価格は『corega Wireless LAN USB Stick-11』が1万1800円、『corega Wireless LAN USB-11mini』が9800円。

『corega Wireless LAN USB Stick-11』
『corega Wireless LAN USB Stick-11』

『corega Wireless LAN USB Stick-11』は小型ペン型形状の無線LANアダプターで、外出先やホットスポットでの利用向きとされている。 チップセットに米インターシル社のPRISM 3.0を採用し、本体にダイポールアンテナを内蔵する。規格はIEEE802.11/IEEE802.11b(Wi-Fi)。セキュリティーは40(60)bit/128bit WEP方式に対応している。また、移動しながらでも電波状態のよいアクセスポイントに自動的に接続が切り替わる“ローミング機能”を持つ。

電源はUSBインターフェースからのバスパワー供給で、消費電流は送信時が310mA、受信時が300mA。本体サイズは幅101×奥行き16×高さ30mm、重量は約27g。動作環境は、動作機種がPC/AT互換機またはPC98-NXで、対応OSはWindows XP/2000/Me/98。1.5mのUSBケーブルと首かけストラップが付属する。

『corega Wireless LAN USB-11mini』
『corega Wireless LAN USB-11mini』

『corega Wireless LAN USB-11mini』はIEEE 802.11/IEEE 802.11b(Wi-Fi)に対応した無線LANアダプター。チップセットに米Atmel社のチップを採用し、ダイバーシティー方式のスロットアンテナを内蔵する。セキュリティーは40(60)bit/128bit WEP方式に対応する。また、移動しながらでも電波状態のよいアクセスポイントに自動的に接続が切り替わる“ローミング機能”を持つ。

インターフェースはUSB 1.1。電源はUSBインターフェースからのバスパワー供給で、消費電力は送信時が450m受信時が400mA。本体サイズは幅62×高さ14×奥行き86.5mm、重量 約140g。

動作機種はPC/AT互換機またはPC98-NX、対応OSはWindows XP/2000/Me/98。インターフェースはUSB 1.1。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン